休日の場合に翌営業日を算出する

請求書の支払日などを算出するとき、算出した日が土日だった場合に「翌営業日」を算出したい場合がありますね。このような場合もWORKDAY関数を利用すると便利です。

Excel日付関数の定番テクニック」では「翌月25日」を算出しました。これを「翌月25日が休日だった場合は翌営業日」を算出する形に加工してみましょう。


考え方としては、求めたい日付の前日の日付を求めておいて、WORKDAY関数で1日後を算出します。こうすれば、翌日が休日でなければ翌日の平日が算出されますし、翌日が土日や祭日であれば、その日付を除いた1日分あとの平日が算出されます。


2008年5月25日が日曜日なので、計算の基点とする日付を2008年4月10日とします。

まず、「Excel日付関数の定番テクニック」で作成した数式を、1日前の24日を算出する数式に修正します。


そして、この数式をWORKDAY関数の「開始日」に指定して、「日数」に「1」を指定します。この事例では、直接関連がありませんが、祭日に指定するセル範囲も指定しておきます。


2008年5月26日が算出されました。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。