Excelのデータベースとは

「データベース」とは、データを蓄積・保存して活用する仕組みのことで、Excelにも、簡易的なデータベース機能が備わっています。Excelでは、ワークシートに「リスト形式」でデータを蓄積・保存し、データを並べ替えたり、条件を設定してデータを抽出したりすることができます。Excelのデータベース機能を使用する場合、データを蓄積するリストの作成には、ちょっとしたコツが必要です。

【データベースの関連記事】
  • Excelでリスト形式のデータを作る
    商品リストや住所録といった「リスト形式」のデータを作成する手順・考え方を紹介しています。何を、どのように決めておけば、効率的にリストを作成できるのか?についてまとめてみました。
     
  • リスト機能ってなんだろう?
    Excel2003から搭載されたリスト機能。オートフィルタ機能や並べ替え機能と何が違うのか、そのあたりに焦点をあてながら、リストならではの活用方法や基本機能を紹介しています。
     
  • Excel「テーブル機能」の使い方
    リスト機能が、Excel2007以降は「テーブル機能」として生まれ変わりました。リスト機能の基本は変わることなく、スタイルを設定することで見やすいリストが簡単に作成できるようになりました。テーブル機能の基本操作や自動拡張の使い方などをまとめて紹介しています。
     
  • フォーム機能を使ってみよう
    項目や行数が増えて肥大化したリスト……。そんなリストのデータを「カード形式」で表示する「フォーム」機能を紹介します。リストの効率的な運用にどうぞ!
     

簡単操作でデータを並べ替えることができる

「並べ替え」機能は、Excelの代表的なデータベース機能のひとつ。売上リストのデータを売上高の高い順に並べ替えたり、住所リストを氏名の五十音順に並べ替えたりすることができます。「昇順で並べ替え」ボタンや「降順で並べ替え」ボタンを使用すれば、ワンクリックでデータを並べ替えることができます。そして、Excel2007以降では並べ替え機能が強化され、並べ替えの条件をさらに柔軟に設定できるようになりました。
Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面

【並べ替え機能の関連記事】
  • リストの並べ替えの基本
    「並べ替え」機能の基本知識をコンパクトにまとめてみました。サッと通読して、並べ替え機能の基本知識を復習してみてはいかがでしょうか?
     
  • 並べ替えの応用テクニック
    並べ替えの応用テクニックを、2つ厳選して紹介しています。ユーザー設定リストを活用して、オリジナルの順番にデータを並べ替えるテクニックと、期待通りに並べ替えられない漢字にふりがなを自動設定するテクニックです。
     
  • Excel2007では並べ替え機能も強化された!
    Excel2007では、並べ替え機能が変更されました。この記事では、「並べ替え条件の数」と「色による並べ替え」の2つの変更点を中心に、そのポイントやメリットなどを紹介しています。
          

リストからデータを抽出する「オートフィルタ」

「オートフィルタ」機能は、リストから条件を満たすデータを抽出する機能です。住所一覧から東京都の住所データだけを抽出して表示したり、売上リストの上位10位までを抽出して表示したりすることができます。オートフィルタ機能を高度に活用するための「フィルタオプション」も習得しておくと、より柔軟にデータを抽出することができるようになります。
Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面


【オートフィルタ機能の関連記事】
  • オートフィルタの基本
    オートフィルタの基本から注意すべきポイント、ちょっとした活用法までを一気にまとめて紹介します。オートフィルタ機能の内容の確認や整理にご活用下さい!
     
  • Excelのフィルタオプション徹底解説!
    手軽で便利なオートフィルタ機能をより強力にしたフィルタオプション機能。使いこなすには、ちょっとした作法やコツが必要です。このフィルタオプションについて徹底解説!




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。