セルにデータを入力する

Excelではセルにデータを入力していきます。「こんな狭い場所に何文字入るんだ?」と思われるかもしれませんが、心配は無用です。セルからはみ出ても、入力した全てのデータは表示されます。

Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面


セルにデータを入力するには、入力したいセルをマウスで選択して、キーボードからデータを入力します。入力内容を確定して「Enter」キーを押すと、すぐ下のセルが選択されます。

Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面


入力したデータの変更

入力したデータを変更するには、対象のセルをダブルクリックするか、対象のセルを選択した状態で「F2」キーを押して、セル内にカーソルを表示します。このカーソルを「←」キー、「→」キーで修正したい場所に移動して文字を修正します。

カーソルの右側の文字を削除するには「Delete」キー、左側の文字を削除するには「BackSpace」キーを押します。

※F2キーを押した場合、カーソルは末尾に表示されます。図の場合、「Delete」キーを押すと「底」が消え、「BackSpace」キーを押すと「も」が消える


なお、上記の操作によって、Excelが「編集」モードに切り替わります。

編集モード中は、画面左下に「編集」という文字が表示される

編集モード中は、画面左下に「編集」という文字が表示される


 

セル内で改行する方法

セル内で改行をしてセルの幅に文章が収まるようにするには、セルを選択してから「ホーム」タブより「折り返して全体を表示する」をクリックしましょう。また、セル内の好きな場所で改行したい場合には、改行が必要な場所をクリックし、「Alt」 キーを押しながら「 Enter 」キーを押すと改行できます。


入力したデータの削除

入力したデータを削除するには、削除するデータが入力されているセルを選択して「Delete」キーを押します。「Delete」キーではなく、「BackSpace」キーを押すと、データが削除されたあと、セル内にカーソルが残るのですぐにデータ入力が始められて便利です。



[関連記事]


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。