個人か会社か?

定款
法人には定款が必要
起業するにあったって、個人事業としてやるのか、会社を作るのか、多くの皆さんが悩まれていることでしょう。色々選択肢があるようですが、それぞれの特徴を把握すると意外に簡単に決める事ができます。

個人事業
・事業の立上げが簡単(登記が不要。所轄税務署に「開廃業等届出書」を提出するのみ)
・資本金が不要
・事業内容:随時自由に変更
・記帳:単式帳簿も可(青色申告者は複式)
・債務責任:無制限
・社会保険:加入不可

法人
・事業の立上げが手間(登記が必要)
・資本金が必要
・事業内容:定款に定める必要あり
・記帳:複式簿記
・債務責任:有限ではあるが、借入は個人資産の場合が多く無限と変わらない。
・社会保険:加入可能

上記の違いを見ると、個人の方が手っ取り早く個人事業主を選らんだ方が良さそうです。
しかし多くの方が法人化することを選びます。
次のページでは、その理由と法人化の形態について見て行きましょう。