秘訣3:具体的でわかりやすいか?

雑誌
サッと目を通して、伝えたい事が読み手に伝わるのか? 友人や先生に見せてみて、感想をもらうのも手だ。
見出しが大切であることがわかっても、それが抽象的で曖昧だったり、凝りすぎて意味不明だと本末転倒である。数十秒で読み手に理解してもらえる文章、つまり具体的でわかりやすいかがポイントである。

例えば、
「主体的に行動する力」
という見出しでは、ありふれていて抽象的である。

逆に
「映画どろろの百鬼丸の如く屹立した意志」
これでは凝り過ぎである。「どろろ」や「屹立(きつりつ)」の意味を知らなければ、何も伝わらない。

いい例は書きにくいが、
「相手の気持ちを掴み、自らを爽やかに伝える力」
これくらいのさじ加減だろうか。もちろん、見出しだけでなく内容も同じことである。とにかく、他の学生と同じにならないオリジナリティを維持しつつ、凝り過ぎないように作ろう。これも、社会人(特に民間企業)における書類作成の大原則である。


秘訣4:箇条書きなど読みやすく書かれているか?

良くあるダメな自己PRは、「昔々あるところに…」的に、作文のように書かれているものだ。どこに要点が書かれているのか、さっぱり分からなくて読み手は嫌気が差してしまう。これは面接でも同じで、どこまで聞けば君の魅力のクライマックスが出てくるのか、わからない。聞き手は「早く話し終わらないかな~」と思うだろう。
この点をクリアする書き方が、箇条書きである。
  • 見出し
  • 見出しの説明
  • ポイント1
  • ポイント2(※複数の場合)
  • ポイント3(※複数の場合。3つぐらいが限度か?)
  • まとめ
この書き方は、記事「エントリーシートに書く文章の基本構造!」で述べたとおりである。人気企業のエントリーシート高速読みに対抗するには、箇条書きをオススメしたい。箇条書きに抵抗があるなら、「二つあります。一つ目は~、二つ目は~」いう感じで書こう。尚、社会人における書類作成の大原則は、箇条書きである。

---------------------
<例>
「相手の気持ちを掴み、自らを爽やかに伝える力」
私は御社が必要としているコミュニケーション力を、マクドナルドのアルバイトを3年間続けることで身につけました。
  1. 常連客の顔とオーダーを記憶・提供し信頼感をプラスする
    (※以下、説明文)
  2. 入ったばかりの同僚をさりげなくかつタイミング良くフォローする
    (※以下、説明文)
御社に入社した暁には、この力を用いて…(以下省略)。
---------------------



以上、今一度、自分が書いたエントリーシートや履歴書の自己PR・志望動機欄をみて、赤の他人である読み手が、数十秒で君を正しく理解するための「パンフレット」になっているのかを、確かめてみよう。

※数十秒で君の魅力が伝わる履歴書・エントリーシートなら、面接もそのPRポイントを突いてもらえるので、答えやすく、より有利になるよ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。