【簡単!企業研究シート1!】3C&4P分析

企業研究
今回はワークシート付き!とにかくダウンロードして、やってみよう!
今までも企業研究に関する記事はたくさん書いてきた。今回はそのノウハウを二つのワークシートにまとめてみた。是非それぞれのワークシートをダウンロードして、パワーポイントに貼り付けて印刷してトライしよう!

まず、「簡単!企業研究シート1!」をやってみよう。マーケティング関連の授業を取った学生ならみんな知ってるマーケティングの基本、3Cと4Pを用いたシートである。以下、モスバーガーを例に説明する。
※3Cと4Pに関しては「よくわかるマーケティング」の「マーケティングの基本概念:4Pと3Cとは?」を読んでね。


 

企業研究

 

  1. 一番上に会社名を書く。
     
  2. 顧客は誰?
    3Cとは、Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)である。まず顧客は誰なのかを考えよう。もちろん、事業部によっても変わるので、その場合は志望する部署で考えてみよう。例に挙げたモスバーガーなら、20~30代女性がメインである。もちろん、10代も40代以上も顧客だが、店内には確かに20~30代女性が多い。※以降、参考例に書くのは私の主観である。ここに書くことが答えではないので、モスバーガー志望の学生は鵜呑みにせず自分で調べてね。
     
  3. 競合はどこ?
    ライバルはどこなのだろうか。仮にマクドナルドにしてみた。
     
  4. 顧客は自社の何に価値を感じて、競合企業ではなく、その企業を選んでるの?
    ここからが4P分析である。4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotionである。それぞれにおいて、競合他社とどのような差別化を行っているのかを考えよう。もちろん、全て書けない場合もあるが気にしなくてもいい。大切なことは、その企業が大切にしている価値観を正しく理解することだ。
     
  5. 顧客から見えにくい価値
    必ずしも顧客に向けただけの価値観が、君にとっての魅力になるかはわからない。例えばモスバーガーで言えば、環境への取り組み、食育への取り組み、キャリア教育への取り組み(キッザニア東京)などが挙げられる。

※次のページで、企業研究シート2!で求める力を分析する!