大学生に“何がやりたいの?”と聞いても答えられるわけが無い

機会創造「大学生に“何がやりたいの?”と聞いても答えられるわけが無い」 とあるキャリアデザインの講義の中で出てきたフレーズだ。この指摘は度肝を抜いた。なぜなら、今まで就職本の類はすべて「自己分析」からスタートしており、大学の就職部のセミナーも然り。私自身も「就職活動って何?」 「自己分析って何?」でそう書いたからだ。
写真提供:FotoStyles

しかし、前々から確かに学生からの質問やアンケートでもその傾向は感じられる。それは「やりたいことが見つからない」不安であったり、途中で就職活動を辞めてしまい「安易なフリーター」「新卒無業者(ニート)」になってしまったり。

<過去のアンケート結果>
■就職活動がうまくいかない人へ~何が原因ですか?
    • 面接や筆記が苦手だから。・・・35%
    • 有名大学じゃないし、資格も無いし。・・・9%
    • 自己PRできるような実績が無いよ!・・・38%

    • そもそも、就職する気が無いからかも。・・・15%

■やりたい仕事、具体的に話せますか?
    • もちろん!そしてそれができる会社もみつけたよ!・・・21%
    • もちろん!でもそれができる会社が見つからない…。・・・8%
    • うーん、何となくしか言えない。・・・53%

    • わからない…。・・・17%

このように「何がやりたいのかわからない」「自己PRできることが見つからない」と悩む学生は実際かなり多い。自己分析しても何も出てこないなら、そもそも就職活動してもうまくいかないのは自明の理だ。


では「大学生の就職活動」は、一体何から始めればいいのでしょうか?


次のページで一緒に考えてみましょう!