派遣で働く場合、必ず必要になるのが「派遣登録」。これは派遣会社に名前・住所などの個人情報や、経験・スキル・希望職種・就業条件などを伝え、仕事を紹介してもらうために登録をすることです。

派遣会社からすると、派遣先を紹介する際に重要な判断材料となる、あなたの人間性を知るための貴重な機会。あなたからすると、派遣ライフをスムーズにスタートさせるための大切なチャンスです。

今回は、派遣登録で派遣会社を味方にするためのポイントと心構えをご紹介します。


「あたり前」のこと、きちんと出来ていますか?(1P目)
スキルチェックで一歩リード!(2P目)
条件に優先順位をつけて幅をもたせる(3P目)



「あたり前」のこと、きちんと出来ていますか?

派遣登録
派遣会社への登録であっても、派遣先の面談と同じ気持ちで、しっかりと自分をアピールしましょう
社会人として基本的なマナーが身についていることは、「どの会社にも安心して紹介できる人」と評価されるための必須条件。派遣登録時に特に気をつけたいポイントを見てみましょう。

■オンライン登録時に気をつけたいポイント:誤字・脱字・入力箇所など

最近はまずオンライン登録を行い、後日、派遣会社の登録センターを訪問するというスタイルが多くなっています。オンライン登録から、あなたと派遣会社とのお付き合いが始まります。誤字脱字が多かったり、入力箇所を間違ったりすると、マイナス印象を与えてしまうので、送信する前に入力箇所を再読するなど気配りを忘れずに。

■登録当日に気をつけたいポイント:時間・身だしなみ・持ち物など

遅刻は厳禁です。派遣先の企業へ面談に行くつもりで臨みましょう。万が一、やむを得ない理由で遅刻してしまう場合は、担当者にきちんと連絡しましょう。登録時に指示された書類や筆記用具を忘れないことはもちろん、身だしなみ・挨拶・言葉遣いにも気を使います。社会人として当たり前のことですが、おろそかになっている人が最近は多いのが現実。しっかりと基本的な行動ができるだけで他の人と差が付き、第一印象がぐっとよくなりますよ。

派遣登録の当日、何を着ていったらいいのか悩みますよね。基本的にはスーツをオススメします。派遣先での面談はスーツ着用なので、派遣会社にとっては面談時をイメージできるというメリットもあり、同時にあなたの「働きたい」という熱意も伝わります。

次のページでは、登録当日の流れと、スキルチェックについてご紹介します。