あなたのそばにも、ほら「経理」が!


「経理の仕事と出逢えたこと」が何故ラッキーかといえば、それは「経理はどんな仕事にも必要とされるスキル」であるからです。「経理に向くのは、こんな人!」でも書いたとおり、人が経済活動をするとそこには必ず「経理」が絡んできます。たとえば営業の人が仕事を取ってくるときも、或いは人事の人が人を採用するときも、そこには潜在的に経理的な考えや判断をする必要が求められている、ということです。

営業の人が仕事をとってくる場合には、値段の交渉が必要とされます。経理的思考が欠落してしまうと、「仕事をとる」ことに目が行き過ぎて、必要以上に値引きしてしまったり、商品代金を回収できないようなことになる事態をむかえる可能性が大きくなってきます。また、人を採用する際も、社会保険の会社負担や福利厚生、教育指導にかかるコストまで考えて人を採用しないと、「その人」に見合ったパフォーマンスをしてもらう給与額を提示して、働いてもらうのは難しいかもしれません。

「今、経理の仕事をしている」ということは、経理的な思考を身に着けるための実務を、会社からお金までもらえたうえに勉強できちゃっている!ということなのです。


どうせやるなら、楽しく、前向きに!

大空
経理の仕事には、無限の広がりが!楽しく仕事をする、まずはそれを目標に。
みなさんは、これからどのように生きていこうと考えていますか?「これからも経理をやっていきたい」という人は、今、与えられている仕事を見直してみることです。本当に必要でやっている仕事なのかどうか、考えてみてください。案外、ふだん「やらなきゃいけない」と思っている仕事でもしなくて良かったりします。見直しをかけていくと、それだけ仕事も速くなり、余裕の出来た時間で会社の財政状態の検討をしたり、それによる改善の提案など、ある意味コンサルタント的な、一枚も二枚も上をいく仕事をすることができるようになります。また、そのための勉強をする時間が出来ますよね。

「これから、別の業種にすすみたい」という人は、とりあえず実務は2年から3年勤めてください。その期間に「簿記検定」などにチャレンジし、客観的な実力を確認したり、資格を取得すればよいと思います。実務経験が2・3年ある人は転職しても有利ですし、或いは起業しても会計的な思考が出来るようになっているはずですから、会計以外の仕事に心おきなく打ち込めるはずです。

経理の仕事とめぐり逢えたあなたの前には、無限の可能性が広がっています。そう考えると、ワクワクしてきますよね。今後は、これらスキルアップの方法についても触れていく予定です。


【関連記事】

「どうせなら、やりたい仕事に就こう 女性に人気の仕事ベスト10!」
(All About 話題の仕事に就く)
「資格はキャリアゴールに合わせて選ぼうVol.1 この資格でキャリアUP!経理編」
(All About 仕事に役立つ資格)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。