オフィスで「串刺し」と言えば?

オフィスでは、新人さんには聞きなれない言葉が飛び交っているものですが、例えば怖~い先輩から、
「これ、串刺しでやっといて!」
なんて言われたら…ちょっとビビりますよね(笑)。

これはExcelでの計算方法のことだと思われます。ガイドも昔は「よそでもそういう言い方するんだろうか?」と疑問に思っていましたが、検索してみると一般的にも、そういう言い方をするようです。
正式には「統合」と言うようですが、Excelのヘルプで「串刺し」を検索しても、ちゃんと「統合」についての説明が出てきます。それくらい普通に使われているということですね。

呼び方はさておき、知っていれば便利な「串刺し計算」について説明しますね。

「串刺し計算」をやってみよう

「串刺し計算」を使うと、複数のワークシートのデータを、集計用のワークシートに集計できます。
…説明するのは難しいですね…一緒にやってみましょう。

株式会社アバウト商事、関東支店は、A店、B店、C店の3店舗を管轄している。
毎月店長は、売上報告書を提出し、関東支店長は、3店舗を合計した営業報告書とあわせて本社に提出する。

各店舗のシートを用意する

まず、「売上報告書」の形をつくり、A店のデータを入れて、A店の「売上報告書」を完成させます。

このシートを、「編集」→「シートの移動またはコピー」でコピーします。

「コピーを作成する」にチェックを入れます

コピーしたシート名は、「A店(2)」となっているため、シートタブをダブルクリックして、シート名を「B店」に変更しましょう。

黒くなれば編集可能です

シートのデータをB店のものに修正し、B店の「売上報告書」を完成させます。
同様に、C店のシートを完成させれば準備完了です。

集計シートに「串刺し計算」する≫