ケース2…時間を「丸める」

作成したばかりの報告書を見て、上司が一言。

「ちょっと細かすぎるかな。10分単位に丸めて」

この場合の「丸める」は、大辞泉の、「端数を切り上げたり、切り捨てたりして扱いやすい数にする」という説明がぴったりですね。

分を切り上げ
分を切り捨て

すっきりした数値になりました。

Excelで「丸める」

この計算もExcelでやってみましょう。

例2) 分単位を切り上げる

A3のセルの値を、分単位を切り上げた値をB7セルに表示するには、B7セルに、

=CEILING(A3,"0:10")

と入力します。

分単位を切り捨てる場合は、

=FLOOR(A3,"0:10")

となります。

"0:10"を、"0:15""0:30"に変えれば、「15分単位」「30分単位」とすることもできます。

この「CEILING」と「FLOOR」は、数値を指定した間隔に「丸める」ことができるもので、時間に限りません。

例3) 500単位で「丸める」

B2セル =CEILING(A2,500)
C2セル =FLOOR(A2,500)


…いかがでしたか?数字を「端数切(まるめ)る」。
関数なんて「さっぱりわからない」という方も、一度覚えてしまえば上司のオーダーに応えることもカンタンに。「実におもしろい」となるかもしれません。


※この記事はExcel2000を使用して説明しています。また、説明している内容については、ガイドが日常的に使っているものであり、他の計算方法も考えられます。どうぞご了承下さい。


関連リンク

3,000千円ってどう読むの?桁区切りと単位
資料に書いてある「3,000千円」という数値…これってどう読めばいいの?
資料作成に役立つ、数値の表記の仕方と、Excel、Wordでの桁区切りの方法を説明しています。

Excelで社員の年令表を作ろう
総務や労務、人事を担当している事務担当者は、社員の年令が必要になることがあります。
今何才?を調べるのに便利な、Excelでの年令表の作り方を紹介しています。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。