突然ですが、テンキー電卓ってご存知ですか?

『パソコンに繋げばテンキーになる電卓』…実物は見たことがなくても、名前から想像はできと思いますが、ノートパソコン専用とか、モバイル派のグッズと思っている方が多いハズ。

会社に多いデスクトップPCには、キーボードにテンキーがついてることがほとんどですから、「あまり関係ないな…」私もそう思っていましたが、今はこんなカンジで使ってます。もう手放せません!

テンキーがあってもテンキー電卓の図j

【送信】キーは使える!

繋いでない時は、普通の電卓と同じ。ケーブルで繋いでいても、テンキーモードと電卓モードはキーを押すだけで、すぐに切り替えることができます。

とはいえ、ただ数字を入力するだけなら、テンキー電卓よりテンキーをそのまま使う方が使いやすいでしょう。
ではなぜ手放せないの?と言いますと…。

電卓モードの状態で、送信キーを押すと、電卓で得た計算結果を、PCに直接書き込むことができるのです。

「計算なんてパソコンでやればいいじゃん…」

EXCEL等ならそれも出来ますが、例えば、経理ソフトで仕訳を入力する時など、セルに直接式を入力できないことも多いです。
WORDで文書を作成する時も、別の資料を計算し、数値のみ入力することもありますよね。

パソコンの横にテンキー電卓を繋いでおけば、計算と入力がワンアクションでOK。
電卓ならではのメモリーや定数計算も使えますので、こっちの方が早いことも。

今回2種類のテンキー電卓を試してみましたので、次のページで紹介しますね。