秘書検定ってどんな資格?

この資格試験を開催している、財団法人実務技能検定協会は、秘書検定で問われる『秘書技能』のことを、

いわゆるOL一般の職能を秘書技能という名称に集約したものです。

と表現しています。

秘書の仕事に就いていると想定した問題がほとんどですが、マナーや接遇、ファイリングや名刺の整理等、職務知識を広く問われる試験内容は、事務担当者の普段の仕事に直接役立つ、また身近な事がことがほとんど。
秘書職を目指す人のためだけの資格ではありません。
事務職に就職を希望する学生さんや、スキルアップを目指す事務職の皆様は、持っていて損のない資格だと思うのです。
  「秘書」と呼ばれなくても秘書的な仕事は多いです。

試験の概要

秘書検定は3級・2級・準1級・1級がありますが、そのうち、3級と2級は、筆記試験のみで合否が決まります。
筆記試験は全級とも、以下の範囲について出題され、60%の正解で合格となります。上級になるほど、求められる知識が高度、広範囲になります。

I 秘書の資質 秘書としての心構えや求められる能力、人柄 理論(60%) !合格!
II 職務知識 秘書業務の進め方
III 一般知識 社会常識や人事、経理、経営の基礎知識
IV マナー・接遇 敬語、接遇のマナー 実技(60%)
V 技    能 文書作成、ファイリング、文書・スケジュール管理

まずは、筆記試験のみの3級、2級から

3級はいわば入門編。学生さんでも十分合格出来ます。
2級は現在一般事務職に就いている方には身近な内容です。
このふたつは筆記試験のみで合格となりますので、社会人としての基本を学びたい方は、まずはこちらを目指すといいでしょう。

具体的な申込み方法と、1歩上の級を目指しての、併願のおすすめについては次のページで!