第22回管理栄養士国家試験がいよいよ近づいてきました。すでに緊張している人も多いかもしれません。試験当日、普段はできることでも緊張のあまりあわててしまうことがないよう、ここでもう一度、心構えや対策についておさえておきましょう。

管理栄養士国家試験直前 これからの勉強法は?

管理栄養士国家試験直前
過去に出題された問題を解くことは、重要ポイントを把握するのに役立ちます。
過去に出題された問題を中心に学び、毎年、出題される傾向がある問題は内容をおさえておきましょう。苦手なところや、模擬試験などで間違ったところなども解答の解説をよく読み、ポイントを理解します。繰り返し過去に出た問題を解くことは、必要とされる知識のポイントを知るのに役立ちます。

関連した科目、例えば「基礎栄養学」と「応用栄養学」「臨床栄養学」などは続けて勉強することでつながりが見えてきてよいでしょう。

試験科目と出題数は、9科目から200問です。「社会・環境と健康」20問、「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」30問、「食べ物と健康」25問、「基礎栄養学」14問、「応用栄養学」16問、「栄養教育論」15問、「臨床栄養学」30問、「公衆栄養学」20問、「給食経営管理論」20問、「応用力試験」10問となっています。自分の得意、不得意科目と出題配分をよく検討して対策しましょう。


試験直前にどう取り組みましたか?

試験直前の時期にどのように取り組んでいたのか、合格者の声を集めました。みなさんの参考になるものがあったら、活用してみてください。

●追い込みの時期はとにかく問題集を何度も解きました。模擬試験を受けたのですが、その時点では合格圏外で、間違ったところを重点的に勉強したのがよかったのか、合格できました。

●過去問をひたすら繰り返し解き、稀にしか出題されない問題よりも、毎年出る傾向の問題はおさえて勉強してました。

●ひたすら問題集を解く事に絞りました。

●体調管理に気をつけ、試験中はあせらないことが一番と思ってのぞみました。

●試験直前は苦手な科目の暗記に力を注ぎ、行き詰まった時は得意分野の問題を解いて自信をつけました。あとは「私は絶対受かる!」とプラスのイメージを持っていました。


次のページでは、管理栄養士国家試験受験の心構えをご紹介します!