差別もないけど、区別もない!!

「といっても、コンサル業界では、女性も男性も区別なく実力で昇進するし、実力で評価されてキャリアを積みたい人にはよい業界ではないでしょうか」

「でも裏返せば実力がすべて。女性だからというエクスキューズがまったくないので、なにかそういうことを考えているひとはやめたほうがいい」

「エクスキューズというのは、いわゆる女性にやさしい企業というのがありますね、たとえば女性としての幸せを維持しつつ仕事ができるとか。福利厚生とか、女性登用制度とか。
コンサル業界ではそういう意味で女性に優しいというのはありませんから、勘違いしないでください。」

「要するに究極的には、男性になりなさいということかも(苦笑)子供や女性であることを捨てて仕事と結婚するという選択肢しかないんですよね。無論そうして頑張りたいひとにとっては男性とまったく同じく魅力的なキャリアが広がっています」

なかなか現実的な意見も出ています。次回もひきつづきこのテーマを取り上げたいと思います。

続き「コンサル女性の働き方(2)」はこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。