三菱グループ内のITソリューション・シンクタンクとも連携

なお、三菱グループには、他に、1970年創業の老舗シンクタンクである「三菱総合研究所」と、その子会社である「ダイヤモンドコンピューターサービス」があります。
これらの会社と一部業務で提携し、それぞれの会社が培ってきた強みを活かし、連携・補完する体制をとっています。

クライアントの特徴

銀行系シンクタンクのクライアントというと、グループ内のクライアントがメインという誤解をされる人もいますが、三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは、クライアントのほとんどが、グループ外の一般の会社とのこと。
民間企業のほかにも、官公庁や地方自治体、あるいは海外現地企業等、多種多様なクライアントにコンサルティングを実施しています。

新卒・中途とも積極的に採用

新卒・中途とも原則、通年採用です。コンサルティング部門・政策研究部門・国際業務部門の3つの部門でそれぞれ積極的に採用活動をしています。入社後1年~3年程度を経過した一定資格者以上には裁量労働制が適用されるとのことで、柔軟な働き方が実現できそうです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。