中小企業診断士のまとめとして

中小企業診断士を取ったから、コンサルに転職できるはずだ。コンサルに転職をするために中小企業診断士の勉強を始めた。という方は、一考が必要だと思っています。ただ単にコンサルの転職という目標の為だけでは、中小企業診断士取得の労力は正当化しづらいといえます。

単に転職に有利だからというだけでの資格取得は、かかる労力とお金と時間から見て費用対効果が悪いとはっきり言えます。せっかくの資格なのに、どうしてそうなってしまうのか?やはり根本に立ち戻ってほしいと思います。なぜ中小企業診断士を目指すのか?

資格を取得するということは、あくまで何かのための手段ではありません。その資格を勉強したことで得られる知識そのものを自分の仕事なり人生に生かす、というのが原則だと思います。

そうであれば、かかる労力やお金以上のものが得られるでしょう。コンサル転職といった、外向けのことにこだわって資格と結びつけるから、おかしなことになってしまうのです。

診断士の資格の勉強をする過程で学べることは多く、その勉強は実りのあるものになるでしょう。診断士で得た知識を使って、より高いレベルの能力を発揮して活躍できる場面は沢山あります。

自分のスキルの整理、現在の企業でより高度な仕事をするための投資、といったように、長期的な視点をもって、自分の仕事のために取得するという考えを持ってほしいと思います。

何の資格でもそうですが、転職に有利だからという目的で取り組むのは再考したほうがいいでしょう。その資格本来の目的を考えて、その技能や専門性を身につけたいから取得するという基本に立ち返って考えてほしいと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。