新卒でもやっていけるの?

■新卒のメリット(1)
実務経験がない新人コンサルタントが、はたして役立つのか?もちろんすぐに価値がだせるわけではありませんが、新卒は、新卒ならではの強みがあります。それは、「実務経験がまったくないこと」です。デメリットの裏返しでもありますが、これは実は強みです。実務経験がないわけですから、過去の経験や仕事のやり方にとらわれることがなく、中立的な立場でものを見ることができるわけです。下手な妥協もしりません。

「この手の仕事はこんなもんだよね~。だって昔からそうやってきたから~」という業務に対して、新卒コンサルタントは何もしらないから「どうして?どうして?」と根本的な部分にまで立ち返って考えます。すると、誰もがなあなあでやってきて問題点が、鮮明になったりするのです。

■新卒のメリット(2)
もう1つのメリットが、カルチャーにとけ込みやすいということ。コンサルタント会社というのは、かなり独特のカルチャーをもっていて、仕事のやり方や生活スタイルも、事業会社とはかなり違う部分があります。

新卒ですと、そういうところにも、「会社ってそんなもんか」と、素直になじめてしまうようです。中途で入社した人で、仕事以前に、コンサルタントのカルチャーにあわず非常に苦労した方を何人か知っています。


<関連記事>
新卒のコンサルキャリアを考える
コンサル就職・転職 理系の落とし穴
コンサル就職・転職 知っておきたい面接用語

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。