アオザイ美人のイメージがあるベトナム。旅行での人気は非常に高いけれど、「働く」「移住」という観点から見るとどうなのでしょうか?ベトナムの首都、ハノイ事情をお伝えします!


ハノイのここが魅力!
ハノイの求人状況は?
ベトナムのビザ事情
ベトナムの生活水準は?


ハノイのここが魅力!

ハノイのここが魅力!
実は、ハノイを訪れたばかりなので、ハノイの魅力を語るのには非常に力が入ります。ハノイの街を歩いていて驚かされたのは、路上で家族ともご近所さんともつかないたくさんの人たちが露天の食べ物を前に延々と時間を共有しているということ。もともと家族をたいへん大切にする国民性だときいていたのですが、それと関係があるのかもしれません。

また、ハノイの道には、オートバイがとにかく多い!ことにもびっくりしました。うかうかしているとあっという間に事故に巻き込まれること間違いなしです。なんでも一日に30人が交通事故にあっている・・・という国民全体の人口からするととんでもない確率です。

そして、市内に湖がいくつもあるところもとても素敵で、朝の5時くらいからたくさんの人が太極拳や体操、ジョギング、バドミントンなどをエンジョイしています。食事も含めて、非常に健康的な国だという印象です。



ハノイの求人状況は?

ベトナム全体の経済状況はまだまだ安定しているとはいいかねますが、日本人に対する求人は、比較的多いのが特徴です。

女性の観光客がとても多いために、「日本語が話せるツアーガイド」「日本語が話せる店員」などの付加価値が高く、重宝されるようです。実際、買い物にでかけても大きなお店には日本語対応可能なスタッフがいるのに驚かされました。

採用にこぎつけるためには、必ずしもベトナム語が必須ではないことも比較的採用されやすい一因になっています。英語が話せて、日本語がネイティブという人であれば、観光関連で仕事を見つけることができるでしょう。

もちろん、観光以外での職場を求めるのであれば、ベトナム語が話せることが必要になってきます。外資系などで英語が公用語、ということであれば別ですが、通常の勤務であればベトナム語を流暢に話せるレベルが求められます。

さて、それでは、こんなハノイで働くために必要な就労ビザをとるにはどのような手続きが必要なのでしょうか?次は、ベトナムのビザ事情をお伝えしたいと思います。