日系ベンチャーは外資系より能力主義?

日系ベンチャー企業を数社経験した後、現在外資系企業で働くOさんは、思っていたほど外資系企業は能力主義ではないのでは、と感じているそうです。
「今いる外資系企業にも優秀な人はたくさんいますが、昇進するにはマネジメントや本社と直接ビジネス上のやりとりができるだけの英語力が必要。優秀でも英語力が足りないと上にいくのは実際問題難しい。能力が高くて英語力が足りない人よりも、能力は多少足りなくても英語力が十分ある人のほうが上に引き立ててもらえる。英語力が足りない故に任される仕事が限られている人を見ると、日系企業ならもっと能力を活かせるのに、と感じてしまいます。語学力というファクターがない分、日系企業のほうがビジネス力で勝負できると思う。」

外資・日系とも100あれば100の社風がありますし業界や会社の規模、働く職種によっても様々。
実際に転職を考えるときはその企業はどうなのかを見極めることが当然大切ですが、実際の経験者の声は参考になるのではないでしょうか。

関連リンク

外資系企業が重視する能力
外資系企業の悩み
スカウト転職を成功させるには
外国語力以上に必要なコミュニケーション力 日本語力大丈夫ですか?
プライベートレッスンはこうして利用 仕事に役立つ英語力アップのコツ
外資系企業で働くということ[All About 語学を活かして働く]
語学を活かせる正社員求人情報 [All About 語学を活かして働く]



[All About 『語学を活かして働く』 トップページ]
[All About 『転職・キャリア チャネル』 トップページ]
[All About トップページ]


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。