今日やったことは
必ず未来のリハーサルになる


泉:今日の出来事を振り返って次回の対応を考えるって、予行演習をしている感じですね。でも、どうして今日あったことを振り返り、次のときのために対応を考えておくことが怒りのコントロールのトレーニングになるのですか?

佐藤さん:それは、日常のパフォーマンスには「リハーサル効果」があるからです。

泉:リハーサル効果?

佐藤さん:ええ。未来から振り返れば、今日は未来のリハーサルと考えることができるのです。私たちの毎日は、次に全く同じことが起こることはまずありませんが、共通項目はあります。だから、今日やったことは必ず未来のリハーサルになるのです。

泉:今日は未来のリハーサル。だから、今日のことをもとに次回の対応を考えておくことに意味がある、と。

佐藤さん:そう。そして、その用意した対応を使ってみることで初めてトレーニングになりますから、ぜひ次の機会に、今日、一番いい対応だと思ったことを実践してみてください。

泉:怒りは、爆発させても抑えてもなんとくすっきりしなくて、ストレスを感じることが多いものですから、上手に付き合いたいと思います。ありがとうございました。



4回に渡る佐藤綾子先生のお話はいかがでしたか?
上手なパフォーマンスで、いい人間関係を築いていきたいものですね。


佐藤綾子先生の新刊が発売されています。
「元気心理学!仕事も恋もうまくいくステキな習慣」
「キレない心を育てる-親と子の自己表現37のコツ」
「上手な怒り方-がまんしてたらソンばかり」

佐藤綾子先生からパフォーマンス学を学ぶ「佐藤綾子のパフォーマンス学講座(R)」の2005年度講座がスタートします。
詳しくはこちら




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。