人脈とは、自分に価値があってはじめて築くことができるもの
好きなことで独立をするときや転職をするとき、また、仕事で困ったときにあったらいいなと思うのが「人脈」ではないでしょうか。よく耳にする言葉「人脈」ですが、そもそも「人脈」とはどういうものなのでしょうか? また、どのようにすればゆるぎない人脈を築くことができるのでしょうか。

今回は、なんとなく耳にしてきた「人脈」にスポットを当てて、ご紹介します。

INDEX

・「知り合い」と「人脈」の違い
100分の1の確率
ネットで築く人脈
人と人とのつながりは「生きもの」

「知り合い」と「人脈」の違い

人脈の定義はいろいろあるようですが、これまで「女性の仕事カタログ」でインタビューをしてきた女性たちにお話を伺ったり、インターネットで調べた結果、わかりやすい表現だと感じたのは、この表現です。

「10万円を貸してほしいと頼める人。そして“いいよ”と快く貸してくれる人。」

「人脈」は、知人や友人、同僚、上司など、単なる事実関係を示すくくりではなく、相手とどれだけ信頼関係を築いているか、その上で、自分が困ったときに助けてくれる(助けようとしてくれる)存在か? という点が、判断基準になるようです。

それでは、視点を「相手」に置き換えて考えて見ましょう。相手から見て自分が「人脈」と呼べる存在かどうかは、相手が困ったときには自ら「自分にできることはないか」と、ためらうことなく手を上げてくれる存在かどうか、ということです。何事もそうですが、「与えてもらうだけ」では、最良の関係を保ち続けることはできません。はじめは、Giveは9割、Takeは1割が基本。自分自身が、相手の役にたつ存在であるからこそ、相手から見て「人脈」というポジションを与えてもらえるのです。

「人脈を得たい」と思うなら、相手にとって、自分がどれだけ役に立つことができるのかを考えてみること。誰かの役に立つだけの力やスキルがないのであれば、まずは自分を磨くこと。これだけは誰にも負けないという分野を一つ持つこと。人脈を得るために最初にやるべきことは、人脈になってくれそうな人を探すことではなく、自分自身を探すこと、なのです。

つづきは、こちらをチェック!