確定申告書類画像"
「確定申告書A」。クリックすると国税庁タックスアンサーのHPに飛びます。
もうすぐ確定申告の時期がやってきます。派遣スタッフとして働く方の中には、派遣会社で年末調整を受けられる場合と、自分で確定申告をしないと所得税の還付を受けられない場合があります。あなたはどちらなのか、今一度確認してみてください。

今さらだけど、確定申告って?

確定申告とは、前年1年間(1月1日~12月31日)の所得税を計算して、税務署に申告することです。派遣スタッフの場合で言えば、所得税は給与から差し引かれ、派遣会社が国に納めます。この、先に払った所得税を、後から正確に計算しなおし(年末調整や確定申告)、もし多く払いすぎていれば、戻してくれる(還付)という仕組みになっています。

年末調整の人・確定申告の人の違いは?

勤務先で年末調整を受ける人、自分で確定申告する人は、働き方によって異なります。あなたは、どれにあてはまりますか?

会社員→会社で年末調整

派遣スタッフ→給与扱いの場合→派遣会社で年末調整
        →報酬扱いの場合→自分で確定申告

フリーランス・在宅ワーカーなど→個人事業者として確定申告

通勤画像"
自分がどれに該当するのかしないのか、きちんと申告して、払いすぎた税金を取り戻しましょう

あなたは、どれにあてはまる?

派遣で働いている方は、派遣会社で年末調整を受ける場合と、自分で確定申告する場合と2通りあります。ご自分がどのケースに当てはまるのか、チェックしてください。

『給与所得の源泉徴収票』が会社から配布されている
給与扱いの派遣スタッフ。勤務先や派遣会社で、年末調整がされているはず。これが確定申告にあたりますから、特に自分で申告する必要はありません

『支払い調書』を会社から配布されている
報酬扱いの派遣スタッフ。自分で確定申告が必要

12月末日まで派遣スタッフとして働いた
現在派遣されている派遣会社で年末調整

12月に派遣スタッフをして働いているが、それまで数社の派遣会社で働いた
それまで働いていた派遣会社から源泉徴収票を送ってもらい、現在の派遣元である派遣会社に提出し、年末調整

11月までは、派遣スタッフとして働いたけれど、12月は、派遣されていない
派遣スタッフとして働いた全ての派遣会社から源泉徴収票を発行してもらい、自分で確定申告

派遣スタッフではなく会社員で働いてきて、年の途中で会社を辞め、そのまま再就職していないという人
年末調整が受けられないので、自分で確定申告

では、どのように確定申告を行うのでしょうか。その手順をご紹介します。次ページへ>>