【色彩プロデューサー】関口智恵さん 「心と身体がよろこぶ*キュア・カラー」代表 サロンでパーソナルカラー診断等を行い、雑誌の執筆、テレビ出演など多方面で活躍中
話 題 度  ★★★★☆  
難 易 度  ★★★★☆  
かかる費用 ★★★★★

ここ数年、女性誌や女性向けのウェブサイトなどで、「カラーセラピー」や「オーラソーマ」という言葉をよく目にするようになってきました。一般的にカラーセラピーとは、色彩のパワーで気づきを得たり精神や体を癒すこと。オーラソーマとは、その人が選んだカラーボトルの色をもとに、心の状態を分析しアドバイスすることです。ここでは、カラーの仕事をされている「色彩プロデューサー」の関口智恵さんにお話を伺いました。

スクール選びから知識を仕事に結びつける秘訣まで、カラーを仕事にするまでの道のりをリアルにご紹介します。

結婚しても自由に働ける人になりたい
~この仕事を選んだキッカケ~

結婚して子どもが生まれても、自由に働ける人でいたいと、小さなころから思っていました。その気持ちは、広告代理店に就職をして仕事をしていた頃もかわらず、「独立するためには、どういった仕事がいいのかな」と考えていました。

そんなある日、たまたま代理店の仕事で使うために、手元に置いていた転職雑誌「とらばーゆ」をパラパラッとめくっていたら、「カラーコーディネーター」の方のインタビュー記事が載っていました。そこには、「カラーコーディネーターは、資格を取得したとしてもそれだけでは仕事につながりません。営業や宣伝、人脈、ビジネスが大切」と書かれてありました。

私はそのとき仕事で、松任谷由実さん、CHAGE&ASKAさん、SMAPさん、工藤静香さんなど、アーティストの広告宣伝を担当していました。そこで、今行っている営業やPR、プロデュースのノウハウにカラーの知識をプラスできれば、カラーコーディネーターとして独立できるかもしれないと思い、すぐに本屋さんへ行ってカラーの本を購入。その後カラーや心理学のスクールに通いました。

差別化するために ~スクールで知識を身につける~

カラーの本を購入して情報を集めていると、当時はまだ1級の取得者が、全部で数百人程度だった「色彩検定」の存在を知りました。そこで色彩検定を取得しようと思い、代理店の仕事をしながら、週に1回、色彩の基礎を学ぶためのスクールに通いました。期間は約1年ぐらいです。

その後、独立するためには、どんな知識を習得すればいいのかと考え、情報を集めたところ、「パーソナルカラー診断」が、仕事へつなげやすいのではないかと思えてきました。そして、その時期に偶然テレビで「9つに分類するパーソナルカラー診断」が紹介されているのを見ました。

パーソナルカラー診断で有名なのは、春夏秋冬の4つに分類する方法です。9つに分類する方法なら、他の人との差別化になるのではと思い、すぐにその番組で紹介されていたスタジオに問合せをしました。その後その先生の講座を受講して、パーソナルカラー診断の資格を取得しました。

ちなみに、スクールを選ぶ際は、スクールの大小ではなく、講師に注目をして選ばれたほうがよいと思います。色彩検定の資格取得の場合は、講師によって合格率が異なるからです。また、カラーの仕事で独立をしている講師に教えてもらえれば、仕事につなげる方法などを教えてもらうことができますし、アシスタントとしてのチャンスもあるかもしれません。自分の方向性に近い、尊敬できる講師とめぐりあうことができたら、それはとても幸せなことだと思います。

[ →→ ] 学び続けるためのスクールの種類、そして費用は? 次ページ