画像の代替テキスト
子供の習い事のベスト3に必ず入る、英会話。ますます需要は高まっています。
子どもが小さいうちからのおけいこごととしての英語をはじめ、最近は、公立小学校でも英語を学ぶ機会ができてきました。 家族で海外旅行に行く機会も以前より格段に増え、英語を話せるようになりたい!と夢を持つ子ども、そして我が子に習わせたいという親御さんも増えています。

そんな需要の高まりと、自分の子育て経験と得意な英語(あるいは海外経験)を活かして、これから子どもに英語を教えることを自分のキャリアにしていきたいと考えているミセスも多いことでしょう。

今回の”ミセスに人気のお仕事ガイド”では、児童英語教師を取り上げてみました。

英語大好き!子ども大好き!な人にぴったり

幼児から小学生を対象に英語・英会話を指導します。特に資格を必要とする職業ではありませんが、

・学生時代は英語が得意だったけど、今すぐ始められるほど自信がない
・英語は好きだし、興味はあるけどどうしたら教室を開けるようになるのかわからない

というような方は、一度体系だったカリキュラムで子どもへの英語教授法について学ぶことをおすすめします。独学でももちろん開業できますが、学習したことで自信もつきますし、学んだスクールで教室開設の支援をしてくれるところもあるでしょう。

子供に英語を教える場合、歌う、踊る?、パーティをするなど、遊びの要素も必要になってきます。子どもを飽きさせないようにしながら、学ぶ楽しさを教えることが大切です。教室を楽しいと感じられないと、英語そのものへの興味も失ってしまいかねません。でも、子どもの英語の上達を目の当たりにしたとき、無上の喜びを感じるといいます。

果たして、子ども英会話教師は、あなたにとっての適職となるでしょうか。

児童英語教師には、こうしてなる!

【こんな人に向いている】
  • 自分の子育て経験を活かしたい
  • 英語が好き
  • 教える仕事がしたい
【求められる英語力】
アルクの子ども英語教室Kiddy Catの場合、下記のうちいずれか1つに該当すれば良いそうです。
  • 英語指導経験のある方
  • 海外留学の経験が1年以上あり、教員資格などをもつ方
  • TOEICテストのスコアが600点以上の方
  • 英検2級以上をお持ちの方
  • 「アルク児童英語教師養成コース」の受講経験がある方
  • TOEFLテスト(Paperバージョン)のスコアが500点以上の方
  • TOEFLテスト(CBTバージョン)のスコアが173点以上の方
  • SST(Standard Speaking Test)のレベル4以上の方

画像の代替テキスト
ただ英語ができれば、子供に教えられるということではありません。系統立った教授法をしっかり習得しましょう。
【学習方法・期間】
必要なスキルの習得には、学習スタート地点の実力によってまちまち。学生時代好きだった英語のブラッシュアップから始める場合、それなりの期間が必要になってきます。

■通学で学ぶ場合
  • 通学期間:3~6ヶ月
  • 費用:スクール、期間によって異なるが、10万円~30万円程度
<例>
  • インストラクター資格取得コース
  • 受講期間:90分×40コマ
  • 費用:247,000円(259,350円) ※教材費他 別途
         (参考:ハートステップカレッジ

■通信教育で学ぶ場合
  • 受講期間:6カ月
  • 費用:7万円程度
  • 受講開始レベル:英検2級・TOEIC550点程度
          (参考:アルクの児童英語教師養成コース

【資格認定について】
先ほども書きましたが、資格を取得しないと仕事ができない職業ではありません。教師の資格を証明できるものとしては、それぞれの講座を修了したという”修了書”がそれにあたるでしょう。 また、指定講座を修了後、特定非営利活動法人小学校英語指導者認定協議会から付与される、「小学校英語指導者資格」を取得する人もいるようです。

仕事をスタートするには! 次ページへ>>