woman3.jpg
新しい環境の波にうまく乗れていますか? それとも?
何か新しいことに取りかかった時、飲み込みの早い人とそうでない人がいます。仕事においては、飲み込みの早い人は成果がすぐに出るので目立ちやすく、逆に、飲み込みが遅い人はなんとなく後れを取った気持ちになりやすいものです。

でも、新しい仕事を始めた時には、できればスタートダッシュを決めて、波に乗りたいところ。そこで、新人教育に携わってきた人に、そのコツを教えてもらいました。


●「あれこれ考えずに、とにかくやってみる」

(Webコンテンツ制作会社 教育担当者)

「仕事ではじっくり考えることも大切ですが、考えて適切な答えを導き出すには、ベースとなる知識や経験が必要です。ところが、新しい仕事に就いたばかりの時は、その知識や経験がありません。そんな状態であれこれ考えても意味がない。まず行動を起こし、その中で学んでいく方が、絶対に効率がいいと思います。
時々、『勉強してからでないと自信がないからできない』と言う人がいますが、今は変化が激しい時代なので、勉強しているうちに状況はどんどん変わっていってしまいます。状況が変わったらまた勉強、などと言っていたら、いつまでたっても行動することができませんよ」


●「自分で自分を評価しないで、吸収することに集中する」

(総合病院 看護部長)

「入職して早い段階で悩む人は、自分で自分を評価し、他人と比べる傾向があるのではないでしょうか。早い人だと、研修1週間で『私は、××さんより劣っていると思う』あるいは『私はこの仕事に向いていないのではないか』と悩み始めてしまいます。
でも、人には必ず得意なことと不得意なことがあります。そして、最初に行われた研修の内容が、偶然、自分の得意なことだった人もいれば、逆に不得意なことだった人もいます。それだけのことなのです。
自分で自分を評価して、一人で落ち込むのは、スタートダッシュを妨げるだけ。まずは、新しい仕事を覚えることに集中してほしいと思います」



同じ部署、同じポジションでも、新しいことを経験する場面はあるもの。そんなときも、このコツは使えるのではないでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。