企画のノウハウ/企画力関連情報

「食わず嫌い」をなくす雑食読書術(2ページ目)

けっこう、自分が好きじゃないジャンルの本は読まなかったりします。でも、なじみの無いジャンルから得られるヒントや感動は大きいものがあります。

野村 尚義

執筆者:野村 尚義

プレゼンテーション・企画力ガイド

第一歩は簡単なところから

「じゃあ、ためしに今までと違うジャンルの本を読んでみよう」と思ったとして、この第一歩でつまづきたくはないでしょう。ちいさな一歩から入ったほうがよいかもしれません。

そこでおすすめしたいのは、今まで読まなかったジャンルの雑誌から入るというのはどうでしょうか?

たとえば、今まで読まなかった小説を読もうと思った場合、長編よりも短編のほうが読みやすいでしょう。雑誌と言うのは、まさに短編の集まりのような構成です(小説雑誌しかり、それ以外も)。

それを通じて「あ、これは面白そう」とか「これはさすがにキツイかも」とかの判断をすればよいと思います。

好きなあの人からのオススメならば

それでも「特に好きでもないジャンルの本を読むにはテンションがあがらない…」というのならば、誰か身近な人に、例えば恋人にオススメ本を教えてもらうというのはいかがでしょうか?

大好きなあの人が「これ、面白いよ」と薦めてくれたならば、たとえその本自体にそれほど興味が持てなかったとしても、その人と共通の話題を増やすために、がんばって読み始められるのではないでしょうか?

ぜひ、おためしあれ!
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で企画関連の書籍を見るAmazon で企画関連の書籍を見る
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます