企画がすんなり通る状態は、どうやって作ればよいのでしょうか?
「企画を通す」と「企画が通る」は似て非なるものです。「企画を通す」は摩擦をものとものせずグイグイ進むことで、「企画が通る」は摩擦なくスンナリいく状態だと思えばわかりやすいのではないでしょうか。

セールスで表現すれば、よりわかりやすいでしょう。「売る」と「売れる」の差です。なんとなくイメージがわくでしょうか?

こういうと、「企画を通す」よりも「企画が通る」のほうが良く聞こえるかもしれません。でも、この2つは並行に扱うものではないんですよね。それぞれの定義をもう一度読んでもらうとわかるのですが、「企画を通す」は“行為”であり、「企画が通る」は“状態”なのです。

何が言いたいかというと、この2つは両立するものだということ。可能な範囲で「企画が通る」前提を整えて、あとは「企画を通す」。摩擦係数を下げられる限り下げたら、あとは摩擦に負けずにがんばっていく。

多くの人は、企画が通る前提を整えることなく、そんな視点を持つことすらなく、いきなりガリガリ企画を通そうとする。それは、なかなか大変なことであるのは間違いありません。

さて、ここまでが今日の記事のコンセプトです。では、「企画が通る」状態とはどういう状態なのでしょうか? それを今からお話していきたいと思います。

企画が通る条件とは何か?

私が考える条件は3つあります。
  1. マッチング
  2. 価値伝達
  3. 実行体制

の3つです。ではそれぞれ次のページから見ていきたいと思います。