オススメですよ
本誌中に登場する野坂礼子さんの本。すでに10刷のベストセラーです。人間関係や仕事、恋愛、病気…壁にぶつかったときにぜひ読んでくださいね

心がこもっていなくても?


人生、生きていればいろんな事があります。絶望のどん底で打ちひしがれている人もいれば、マイナス思考にどっぷりはまってなかなかプラスの言葉、感謝の言葉がいえない人もいるでしょう。そんなときこそとにかく「ありがとう」を連呼することだと書いているのは、スピリチュアルカウンセラーの野坂礼子氏。
とにかく言葉を唱えることで、幸運を呼び寄せるメカニズムは本誌に詳しく解説されています。

「ありがとう」の効果


ありがとうを唱えることで、文字通り幸運を呼び寄せたのはK-1ファイターであり、モデル・俳優・執筆と持って生まれた才能を全開にしている須藤 元気氏です。
すいちゃんの酸素パン代表、水津 征洋氏は肺ガンすらも治してしまいました。1日3000回「ありがとう」と唱えるというのは竹田 和平氏。この方は「たまごボーロ」で有名な竹田製菓の創始者であり、100社以上の上場企業の筆頭株主・所有株式時価総額は100億円を超えるという株式雑誌でもおなじみの方です。億万長者の習慣を取り入れれば、あなたも成功への道を歩き始めるかもしれませんよ?

そして、もしあなたに未だに癒えていない子供のころに受けた傷があるのなら、この言葉で自らを育てなおすこともできるかもしれません。精神科医の明橋 大二氏は、子育てに及ぼす「ありがとう」の効用も寄せています。

日本には「言霊(ことだま)」という言葉があるとおり、古来から言葉の持つエネルギーに着目していた民族でした。それ故、日本語の持つ言葉のパワーは外国語と比べても、格段に強いと言います。
それにしても、言葉の及ぼす力が、ここまで広範囲にわたるとは、「話す技術・伝える技術」のプロであるはずの私も驚きでした。
ぜひとも、習慣として取り入れたいと思います。

このような大切なことを知ることができることに ありがとう
これを「大切なこと」と思える自分に ありがとう

そして、今こうして記事を通してあなたに出会えることに
心からの感謝を込めてありがとうとお伝えしたいです。

【関連記事】
ポジティブに恋する勇気をくれる言葉
 (All About「恋愛」ガイド記事)
ツキを呼ぶ魔法の言葉はもうご存知ですか? 
 (All About「開運ナビゲート」ガイド記事)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。