最近「魔法の言葉」っていうのがすごく流行っていて、ついこの前久しぶりに会ったのりに乗っているガイドの高校時代の親友とこの話題で随分盛り上がりました。有名人の中にもこの「魔法の言葉」の熱烈なファンが増えているとか。

今回は、この「魔法の言葉」に関するガイドからの情報を提供させて頂きます。

魔法の言葉の生い立ちは?

桃花
魔法の言葉の意味することは実は共通しています
今世間で話題騒然の「魔法の言葉」。

医学ジャーナリスト新井史子氏のとある雑誌の記事によれば、この言葉はもともと、五日市剛さんという工学博士の方が、失意のどん底にいた20代の頃に、旅先で偶然知り合ったおばあさんから教えてもらった言葉とか。

そして、その魔法の言葉で運を呼び寄せる事に成功した五日市さんの不思議な体験をわずか数十人の人に話したところ、それが話題になり一冊の小冊子「ツキを呼ぶ魔法の言葉」が出来上がったとのこと。

しかも、この小冊子。書店では販売されていないにもかかわらず、なんと70万冊を売り上げたベストセラーとか!

魔法の言葉の効き目をまさに地で行く勢いですが、この魔法の言葉、案外シンプルで普段誰でも口にする言葉なんです。

三つの魔法の言葉はとてもシンプルだけれど…

この三つの魔法の言葉。魔法の言葉と言うくらいだから、なんか呪文みたいなものと思いきや?

正体はとってもシンプルな誰でもが知っている言葉でした。

それは、「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」。なんと、これだけなんですね。

それでは、何故この三つのシンプルな魔法の言葉にそれだけの力があるのでしょうか?

その謎に迫る前に、ここで、ちょっとこの魔法の言葉を使った人達の体験談を同じ記事からの抜粋でいくつかご紹介しておきましょう。

■毎日唱えていたら、肌がつやつやになりました。(岐阜県)
■これを唱えているだけで体の調子が良くなって来ました。(三重県)
■唱えて30分後に懸賞に当たった!(愛知県)
■今から人生を変えてやろうと思うようになった。(福岡県)

などなど、いろいろ投稿が集まっているようです。

この「三つの魔法の言葉」には実は誰にでもわかる共通点があります。そして、この三つの言葉は、お互いにシンクロし合いながら唱える人に一つの大きな効果をもたらしているんです。

次のページでは三つの魔法の言葉の効き目の秘密を探ります!