「語尾が強い」などの「癖」で相手を不快にしているかも?

時々は立ち止まって自分の話し方をチェックしてみることをお勧めします

「無くて七癖有って四十八癖」といいますが、人には多かれ少なかれ癖はあります。話し方にも人それぞれに特徴はありますが、相手を不快にさせている癖があるならば改善したいものですね。そこで今回は、自分でも意識していない点を発見する「直しておきたい話し方の癖」をまとめてご紹介しましょう。

癖になっていることは、自分で気づいていません。無意識にやってしまっているから「癖」なのでしょう。だから意識して気をつけることで改善されていきます。
すべてを取り除かなくてもいいですが、繰り返されると聞きづらいので減らしていけるようにしましょう。まずは自分の話し方を見直す機会にしてください。
   

1. 語尾が伸びる

女子高生の話し方を例えに出すことが多いですが、「○○でぇ~」「○○にぃ~」というように語尾を伸ばして話す癖です。必ず語尾の後ろに母音(「ぇ」「ぃ」)が入ってしまいます。ビジネスシーンだと、頼りないとか幼いという印象を与えてしまいます。どんなに内容がしっかりしたプレゼンでも、話し方で損をしてしまいますので注意してください。

●改善法
伸ばさないようにしっかりと発音してください。それだけで不思議なくらい印象が変わります。
 

2. 語尾が強い

以前の記事「なぜか嫌われる人の話し方」でもご紹介したように、語尾が強くなる癖の人は印象がきつくなってしまうことがあります。それ以外にも変なリズムがついて聞きづらくなったりします。「○○、」「○○、」「○○、」と句読点の前の言葉を強く言い、それが繰り返されると、聞いている人が話の意味を理解しづらくなります。

●改善法
語尾をソフトに話すように気をつけてみてください。熱心に話していると語尾に力が入りますが、耳に付くようならば注意しましょう。
 

3. 早口になる

早口の原因のひとつに「間」が取れていないことが挙げられます。話すことは「聞く人とのキャッチボール」です。一人で話しているわけではないことを認識し、コミュニケーションの手段ということを忘れないようにしましょう。聞き手を意識していないと「間」を作ることができず、一方通行の話し方という印象を持たれてしまいます。

●改善法
相手をよく意識して話しましょう。「こんにちは」という挨拶のあとには(間……相手からの会釈や挨拶)がきますね。それを待ってから次の言葉を言うと自然な間が取れるようになります。根っからのおしゃべりの人は特に気をつけてくださいね。
   

4. 前置きが長い

電話での会話でも同じように癖が出ているはずですよ

電話での会話でも同じように癖が出ているはずですよ

「前置き」つまり本題に入るまでが長くなってしまう癖です。言いたいことがなかなか分からず、聞き手は「何が言いたいのだろう」といらいらします。話が回りくどいと言われる人も同じような原因です。色々と説明しておかなければ……と意識しすぎると前置きが長くなり逆にわかりづらくなってしまいます。

●改善法
内容がわかるように、伝えておくポイントを整理しましょう。言いたいことと関係するポイントだけを話すようにしないと、聞き手には何が大切なことなのかがわかりません。
 

5. 句点が少なくメリハリがない

わかりやすい文章は、短いセンテンスで句点を打たれているものです。話す時も同じです。「句読点」で文をつなげてしまっていると、自分でもよくわからなくなります。「~~~、~~~、~~~、~~~」と「。」をつけずに話すと相手に何を言いたいのか分かりません。変なリズムがつき、聞きづらくなることもあるので気をつけましょう。

●改善法
長い文章をきちんと意味が分かるように伝えるには、とても技術が必要です。プロのようにメリハリをつけなければ、何を言いたいのかが伝わりません。できるだけ短い文で「。」をつけて切り、接続詞でつなげた方が聞きやすくなります。
 

6. もごもご話す

日常的にあまり声を出していない人に見受けられる癖です。口の開け方が小さいので、口の中で話しているようになってしまい聞き取りにくく聞き手はストレスを感じます。「えっ、何?」と聞き返されることがある人は注意しましょう。

●改善法
もっと口を開けて声を出して話すことしか改善する方法はありません。日頃から大きめに声を出す練習をしてみてください。
 

7. 話半分に聞いている

話を聞いてもらう側からすると「話を聞いてくれていない」という印象を持ってしまいます。まだ話している途中なのに(あーそういうことか)と軽く返事をしてしまうからです。もちろん話を聞きながら理解することはありますが、最後まで聞いてもらわないと相手は「聞いてもらった」という気持ちになりません。

●改善法
「あ~それって、○○ってことですよね」といった言葉は、相手が話をまとめてからにしましょう。上司が部下の話を聞く時などは、ついやってしまいがちですので注意してください。

癖をいきなり直すことはとても難しいものです。意図的でなく不快な気持ちにさせているのなら直していった方が良いですね。まずは自分の癖を意識してみることです。あとは日々の会話の中で気をつけていくしかありません。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。