大きな感動を残したオリンピック。たくさんの場面で涙のシーンがありました。人は、言葉にならない気持ちを涙で表すものなのかなと、彼らの流す涙に本当に感動しました! 一方、ビジネスシーンでの涙は、そうはいきません。そこで今回は、その泣き顔をすばやく笑顔に変えてしまうような、上手な言葉のかけ方をご紹介します。

うれし涙なら、とにかく讃えて

どんなときに涙がでるのでしょう。うれしくて、悔しくて、そして悲しくて……「泣く」。終わったばかりのオリンピックでは、悔し涙やうれし涙のシーンが多く見られましたね。見ている私達も、思わず彼らの気持ちを察してもらい泣きしてしまいます。
泣いてしまうときは、抑えきれない想いがこみ上げてきて、思わず涙が出ます。「まったく泣きたくなるよ~」といっているうちはいいのですが、実際に泣いている人がいたら、どうしていいのか戸惑ってしまいます。

ビジネスの場面で、うれし涙が出るとしたら……。本当に頑張った仕事をやりとげ、得意先、上司や先輩をはじめ仲間に褒められたりしたときでしょう。今までの苦労を思い出し感極まって……、舞台は違いますがオリンピックでメダルを取った選手と、同じ気持ちですね。こんなときは、とにかく「頑張った」ことをねぎらい、讃えてあげましょう。

うれし涙は、周りの人たちも幸せな気持ちにさせてくれます。しかしネガティブな涙はどのように接していいのかわからずに、周りの人たちが混乱してしまいます。そんなときはどう対処するのがいいでしょうか?

あまり追求せず、とにかく隣にいる

たとえば、仕事で大きな失敗をしてしまい、上司にきつく注意をされた。そんな時、自分の不甲斐なさを感じて涙が出ることもあるでしょう。その時、あなたは相手にどんな言葉をかけてますか?

涙と理由
原因・理由を追究することだけを考えずに、気持ちに寄り添ってあげることが大切です
まずは「どうしたの?」と理由を聞いてみましょう。自然に話をしてくれるのなら、とにかく熱心に聞きましょう。しかし、すぐに答えが出なかったり、言いたくなさそうなときは、あまり追求しないことです。
慰めてあげたい気持ちから「大丈夫?」「 大丈夫?」と聞き続けたり、「何かあったの?」「泣いているだけではわからないから教えて」と質問攻めにしたりすると、相手はどんどん殻に閉じこもってしまいます。

心配する気持ち、何とかしなければという思いはわかりますが、ぐっとこらえ寄り添ってあげてください。ただ、隣にいてあげるだけでも充分です。あとで理由を聞くと「そんなことで?」と感じることでも、本人にとっては深い思いがあるのです。少し落ち着くまで、そばにいてあげてください。

次のページで、どんな言葉を掛けたらいいのか具体的にご紹介しましょう。