世界を相手に勝負する女性経営者

サキコーポレーション 代表取締役社長 秋山 咲恵 さん 62年奈良県生まれ。87年京都大学法学部卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。94年サキコーポレーション設立。首相の諮問機関「政府税制調査会」の委員を務める。 参考記事「2度の転機」が器を育てた

携帯電話やノートパソコンが、年々飛躍的に高性能化するほど、その中に埋め込まれているプリント基板(回路を埋め込んだボード)が複雑になっています。工場で組み立てる際にも欠陥が発生しやすくなり、厳重なチェックを経たうえで出荷せねばなりませんが、今やとても目視確認できる部品ではなくなっています。

そこで生まれたのがスキャナーなどの「電子の目」で基盤を読み取り、自動的に欠陥品を発見するプリント基板検査装置です。この市場に最後発で参入しながら、独創的な技術で名だたる大手メーカーを追い上げ、創業12年にして世界シェア第2位の座を確保したのが、秋山咲恵社長が率いるサキコーポレーションです。同社は今も急成長を続けており、今年度中に世界トップに立つのではないかと噂されています。

また同社は、コンサルティング会社出身の秋山社長が、大手メーカーの研究者だった夫と2人で立ち上げた「夫婦二人三脚」の会社としても知られ、2005年には東京商工会議所の「勇気ある経営大賞」を受賞するなど、マスコミなどからも注目を集めています。

特に製造業では数少ない女性社長として名高く、日経ウーマンの「Women of the Year 2006」において、リーダー部門第2位、総合部門第3位にも選ばれました。


Contents
1.世界を相手に勝負する女性経営者
2.2年間のブランク期間
3.無我夢中のコンサルタント時代
4.困難な仕事で大きく成長
5.三十の手習い
6.芸人との出会い