30代は「ヤマ場」

ヘッドハンター備海宏則さん
ヘッドハンター備海宏則(びかい・ひろのり)さん「今の30代以下の人は、相当がんばるべき」
―――30歳はキャリアの節目の年齢のような気がします。
備海:確かにそうですね。30歳はキャリア的に「コアスキル」が形成され、今後の方向性も見えてくる年齢です。また思い切った職種や業界転向をするラストチャンスでしょう。

プライベート面でも、家族に対する責任も重くなる時期ですから、一度これまでのキャリアを「棚卸し」して、どんな40代を迎えるか考えませんか?と、お会いした方には話していますす。

―――ハッピーリタイアメントするには、30代のキャリアがカギを握るのでは?
年代別の能力などのイメージ
イメージ:30代で能力的なピークを迎える
備海:全く同感です。今の30代以下の人は、相当がんばらなきゃいけない世代なんです。少子化や年金財政の破綻、世界規模の激しい企業競争など「甘くない未来」を考えるとのんびりできません。

キャリアをグラフ化(イメージ参照)して考えると30代で能力的にピークに達します。20代・30代でキャリアの基盤を作って、40代・50代まで長生きするのが理想のキャリアプランです。

40代でがんばろうと思っても無理が利かないんです。やはり20代・30代が気力・体力共に充実しています。猛烈に働くほど学習効果が高まり、仕事の効率性が加速度的に高まってゆく。やはり僕がヘッドハンティングする30代の人は、朝も早いし週末もないぐらい仕事していますね。

ヘッドハンティングされる人

―――どんな人をヘッドハンティングしますか?
備海:前編でもお話しましたが、企業ニーズに合った人というのが1つです。もう1つは「時流に乗っている人」です。

―――それはどんな人ですか?
備海:「時流に乗っている人」とは、最近では「不動産証券化」「企業再生」などビジネスが急拡大している分野のキャリアがある人です。こうした分野は多くの企業が新規参入を狙っていますが、経験者が社内にいません。そこで他社からヘッドハンティングするわけです。やはり人がいないとビジネスができないし、実績のあるプロを採用した方が確実ですからね。

―――でもブームは予想できませんよね。
備海:そうです。次のトレンドを先読みして、巧みにキャリアを変えてゆく人もいますが、これだけ変化の激しい時代ですから、それが一番難しい(笑)。ブームが来たと思って急いでスキルを付けても、身に付いた頃には陳腐化しています。

―――ブームに乗るのは危険?
備海:ただ時流にも「本流」「支流」の2種類があるんです。「本流」は、IT(情報通信)やバイオなど社会に大きなインパクトを与えるトレンドです。これは10年以上継続します。だから、当初は年収ダウンを覚悟しても、追いつくことは十分可能です。しかし「支流」はブームの要素が強いのです。

キャリアプラン「2つの方向性」

―――ヘッドハンティングされる人材になるには、どんなキャリアプランがお薦めですか?
備海:「トレンド」もしくは「スキル」で攻める、大きく2つの方向性があります。「トレンド」で攻めるとは、現在活躍なさっている業界の中の「成長セクター」に軸足をシフトする作戦です。例えば、今ホットな「不動産金融」に不動産・金融業界の方が、社内公募などで挑戦するという手です。

理想は「スキル」を高めてヘッドハンティングされる人材になることです。今までのご経験の中で「興味があり深めてみたい分野」を、30歳ぐらいまでには持ちましょう。例えば新卒で入社した会社でまず現場の営業を経験、その後マーケティングの部署へ異動して5年ほどキャリアを積む。ところが30歳前後で現場に戻るというケースを聞きます。その時点で「マーケティングで勝負する」意志が固まっていれば、外資系などへの転職を決断すべきです。

個人プロデュースと業界デビュー

―――社外のネットワーク作りは有効でしょうか?
備海:もちろん有効です。積極的に業界誌に論文を書いたり講演を引き受けて、上手に“個人プロデュース”している人もいます。先日コンタクトした方は「あの記事を見たんですよね?」としっかり効果を確認していました(笑)。ただ30代で“業界デビュー”できる業界とそうでない業界がありますから無理しないで下さい。

―――交流会などは有益ですか?
備海:私も異業種交流会などに参加することもありますが、テーマが不明確な交流会はあまり役に立ちませんね。名刺ばかり増えてまるで“トランプ”です(笑)。

むしろ同じ志をもった仲間で「小規模な勉強会」を開催してみてはいかがでしょうか? 私が知っている人は、仕事に直結する研究会を開催し、毎回自分が話を聞きたい人を講師に招いています。自分が聞きたい話が聞けて、ネットワークも広がる、まさに一挙両得ですね。
ヘッドハンター備海宏則さん
備海宏則(びかい・ひろのり)さん 72年茨城県生まれ。96年慶大商卒。大手人材バンクで若手ハイスペック層の人材紹介に従事。ヘッドハンティング会社サイト・フライトの設立に参画。若手実力派ヘッドハンター。2005年、ヘッドハンティング会社キャリアエピソード設立、代表取締役就任。
【今回のポイント】


30歳「3つのチェック」

・コアスキルを持っているか?
・今後の方向性は定まっているか?
・職種・業界転換のラストチャンス!


30代の過ごし方

・最も大切で最もハードに働く時期
・“業界デビュー”も視野に
・家族や子供、プライベートも大切
関連リンク
ヘッドハンターに聞く!備海宏則さん [前編] 売れる人材への「ABC戦略」[All About 『キャリアプランニング』]

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。