住宅照明の実態調査から見えることは?

写真1.光色が白色と電球色の蛍光灯

写真1.光色が白色と電球色の蛍光灯

今からおよそ10年前に住宅照明の現状についての実態調査が行われました。全国で約1300世帯を対象に行った結果が照明学会誌に紹介されていました。(照明学会誌 1996年 No、9 住宅照明の現状と将来より,佐藤仁人)

その記事を要約すると一軒の使用照明器具数は15灯以下が全体の50%以上を占めており、蛍光灯主体照明が70%以上あったことがデータになっています。

この数字から見えるのは日本はまだ一室一灯の部屋が多く、つまり部屋全般の明かりが点いているか消えているかで、必要なところが明るくて、そうではないところがほの暗い、と言った演出的な照明の少ないことが分ります。

写真2.白色光の蛍光灯で部屋を均一に明るくした例

写真2.白色光の蛍光灯で部屋を均一に明るくした例

さらに実態調査のデータは、部屋は明るい方が良いと答えた人が70%以上もいて、驚いたことはやや不満を含めて現状の照明で不満と答えた人が20%しかいなかったことです。

以上の数字から平均的な日本の住宅照明感というのは蛍光灯器具で部屋を満遍なく明るくすることに満足感を得ていることが分かります。

現在では、10年前に比べてインテリアに関心を持つ人が増えており、もちろん住まいの中で雰囲気や照明の演出効果を大事に思っている人もいるのですが、それはまだ少数派に過ぎないのです。

【関連記事】
適材適所の光 リラックスに明るさは必要?
家を美しく見せる“あかり”の演出
明るすぎる照明は近視になる!?


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。