とはいえ基本は同時進行

プロの目利きが重要になる買い替えは妥協せずいい担当とめぐり会いたいもの
こうしてみてくるとわかるように、前述のような特別なケースを除いて、一般的には同時進行のパターンならスムーズに買い替えが実現しやすいものです。また、売却で大事になるのはいかに信頼できる営業担当と出会えるかどうかです。査定にしても、自宅の売り出しタイミングにしても、ある程度相場や市況を把握したプロの目利きや判断がキーポイントになってきます。

昨今は物件価格の上昇で、買い替えには状況によっては有利なケースも出てきています。このような買い替え環境の整うなか、「買い替えなんてむずかしすぎる、自分達には無理」という思い込みは、チャンスを逃してしまうことになりかねません。

定率減税などもなくなり、住民税の上昇に家計が圧迫されかねない昨今こそ、買い替えの優遇税制も大いに活用したいものです。

【関連記事】
買いと売りを同時に進めるメリットとは?
今は買い替えにはいいタイミングなの?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。