定期借地権付き分譲マンションって?

好立地で定期借地件付き物件が増えている?
買い替えを検討するに当たって、とくに首都圏の好立地を狙うなら、選択肢のひとつに加えたいのが『定期借地権付き分譲マンション』。

定期借地権とは、平成4年8月1日から施行された新借地借家法に盛り込まれた新しい土地の権利関係で、契約期間や用途、契約内容によって「一般定期借地権」「建物譲渡特約付き借地権」「事業用定期借地権」があります。

マイホームの分譲で主に利用されるのが一般定期借地権付きの住宅。土地を地主から50年以上の契約で借り、そこに建物を建てるもの。契約時に保証金または権利金を払い、契約期間中は基本的に毎月地代を払います。

契約期間が終われば、建物を取り壊し、更地にして地主に返す仕組みで、分譲マンションの場合は購入時にあらかじめ取り壊し費用を支払うパターンもあります。

土地を所有する場合と比較すると、住宅取得費用がかなり抑えられ、同じ規模で比べると一戸建ては半額程度、マンションなら7割程度で取得できるというメリットがあるというのが大きな特徴です。

『定期借地権付き分譲マンション』の気になる首都圏での状況はどうなのでしょうか? 次のページで解説します。