生活立地が変われば、住み心地も変わる

次に、ちょっと乱暴ではありますが、生活立地別の住み心地の評価をしてみます。私が企画運営する「マンション評価ナビ」では、以下の項目を評価基準にしています。

評価基準具体的な評価項目
仕事や通勤に便利都心(勤務地)での乗車時間、都心への交通アクセス、最寄り駅までの徒歩時間
便利で楽しい暮らしができる日常の暮らしに必要な生活施設、暮らしの幅を広げる生活施設、学校・医療・役所等の公共施設
閑静な住環境隣接地の状況、公園・緑地等の状況、交通騒音、嫌悪施設の有無
日々の暮らしが安全街灯、交番の状況、ひったくり、侵入窃盗・空き巣、周辺の土地利用状況

この評価基準をもとに、3つの生活立地の住み心地を比較してみます。

生活立地仕事や通勤に便利便利で楽しい暮らしができる閑静な住環境日々の暮らしが安全
駅近エリア(~5分) × ×
徒歩圏エリア(6~10分)
ギリギリ徒歩圏エリア(11分~15分) × ×

上記の表から分かるように、駅に近い駅近エリアほど、いろいろな生活施設・商業施設があり、便利で楽しい暮らしができそうです。反面高層ビルが建て込み、不特定多数の人間が利用する駅近エリアは騒音や、犯罪を覚悟する必要がありますし、日照・通風が期待できないことも覚悟する必要があります。

徒歩11分~15分のギリギリ徒歩圏エリアは、敷地にゆとりを持たせたマンションが多く、日照・通風は確保しやすいですし、交通騒音も気にならない場合が多いでしょう。並木道や公園など緑も豊富になり、学校も近くにあることが多く、子育て環境が整っています。

徒歩6分~10分の徒歩圏エリアはちょうど2つのエリアの中間に位置します。その分、仕事や通勤・便利で楽しい生活・閑静な住環境いずれも、ほどほどということになります。そのせいか、マンションはこのエリアに多く建つ傾向があります。

次のページでは、仕事中心か生活重視かで異なる生活立地の違いをみてみましょう。