2人の新居を夢見ていたアキ子さんでしたが、昨秋に失恋。そして、落ち込んでいても仕方がないと自らを見つめ直し、ついに自分の希望に合った中古マンションを購入。新築にこだわっていたアキ子さんが、最終的に中古にしたのは、予算と希望条件のバランスからです。自分の予算と希望条件が明確になっていたからこそのベストな成果。アキ子さんの夢の実現ストーリーをご紹介します。

本当に自分がやりたいこと。望むライフスタイルは?

ld

マンションのモデルルーム見学って楽しい。それさえも苦痛になっている、そんな自分を大切にしたい。

アキ子さんは、住まいやインテリアが大好きで、彼と付き合う前からマンションに住みたいなぁと漠然と思っていたとか。ただ、見るのは好きだけれど、買うというのはハードルが高く、買い方も資金計画もその方法がわからない。そのうち彼ができ、二人の新居を持つことを夢に描くようになったそうです。昨秋に彼から別れを言いだされてからは、自分がマンションを欲しかったことなども、すっかり忘れていたそうです。

病院で医療事務を担当するアキ子さんは、41歳。マンション購入相談というよりもキャリア相談としてガイドへ連絡を下さいました。「失恋を理由にしたくはないけれど、何だかいろいろなことが空回り。ミスも増えて周りに迷惑をかけしまうこともしばしば。でも、どうしたらよいかわからない」。お話を伺いながら、アキ子さんが本当にやりたいことや希望のライフスタイルについて尋ねていきました。アキ子さんは「自分らしく行動したい。」「今の自分は、彼から言われた否定的な言葉に囚われて、ただ傷ついて身動きができなくなっている気がします。小さなことにくよくよせず、前を向いて明るく楽しく生きていたい。仕事にも積極的に取り組んで成果を上げたい」。言葉に力強さが戻ってきました。

そして、「彼と別れてから、大好きだったインテリアショップに行くこともモデルルーム見学をすることも、マンションのチラシを見ることすら辛くてできなくなっていたけれど、失恋と自分の住まいについて考えることは、まったく別のことだと思えてきました。あぁこんな当たり前のことに気付いてなかったなんて」「おかげで心が軽くなりました。モデルルーム見学がしたくなってきっちゃいました」と表情が明るく素敵な笑顔のアキ子さんです。

自分らしさに必要な住まいの優先条件は?

「自分らしいライフスタイル」を考えていくと、希望条件がいろいろ出てきたとアキ子さんは言います。すると、現在の賃貸暮らしを脱却する勇気が湧き、必要性も強く感じるようになったとか。そんなアキ子さんのこだわりは、住環境でした。「駅に近い所も嬉しいけれど、ジョギングしたり散歩したり、生活が楽しくなる街がいい。仕事に行くときも疲れて帰ってくるときも、最寄駅から家までの道を楽しめる立地。休日には家の周りを少し歩くとリフレッシュできる街。そんな「散歩したくなる街」に住みたい」。購入後のライフスタイルが具体的にイメージできているアキ子さんです。

もともと住まいが大好きなアキ子さんですから、積極的にモデルルームや現地を見学していきました。現地見学の際は、土地勘がない場所も「ここは!」と思える場所へはすべて足を運んだ、という徹底ぶりです。場所を選ぶ際は、アキ子さんのように希望条件に合致する場所を探していく方法もあれば、このエリア、この町、この沿線、この駅がいい、と場所を限定して探す方法もあります。まずは、自分の希望条件を明確にすることが大切です。

プランよりも立地条件

アキ子さんの希望条件を伺っていると、間取りや広さ、住設備といったプランよりも立地条件を重視していることが明らかでした。かといって、どのようなプランでも良いか、というと、決してそうではありません。自分らしく快適なプランの選び方、重視したい諸条件をお伝えしました。ポイントは簡単です。「散歩したくなる街」が希望のアキ子さんに、「家の中ではどうしたい?」「家の中でどのような時が自分らしくて幸せ?」と聞いてみることです。

そして、希望条件をすべてピックアップし、優先順位を付けていきます。アキ子さんは「ゆっくりくつろげるリビングが欲しい」ということでした。「もちろん、寝室もキッチンもバスルームも充実していることにこしたことはない。けれど、何が一番?と尋ねられると私はリビングです」。と答えてくださいました。

プランへの希望条件が具体的になり、アキ子さんのマンション選びは加速しました。同時に、すべての希望を満たすマンションはそう多いわけではない、ということもわかってきました。現実に向き合うステージです。アキ子さんの次なるハードルは、資金計画でした。

選んだのは、中古マンション

「マンション購入にはいくらのお金が必要なのですか?」面談を重ねていくにつれ、質問内容も具体的になってきました。予算計画はマンション選びと同時に進めましたが、販売中のマンションを見て回ると、予算とのアンマッチが浮き彫りになってきました。残念ながらアキ子さんは、どのようなマンションを選んでも大丈夫というほどの余裕はありませんでした。長期にわたって無理のない返済計画を立てると、予算が限られてしまうアキ子さんです。本人の感覚的なところもシミュレーション結果も、現在の家賃の支払いを上回る毎月返済額は厳しいという結論です。

そしてある日、アキ子さんから「良い中古マンションが2件あるので相談させて欲しい」と連絡がありました。不動産会社の店舗を出てすぐに電話をかけてくれたのです。「他にも検討中のお客様がいるので、早く決めて欲しいと言われている」と、少し慌てた様子です。ずーっと新築にこだわって探していたアキ子さんなので、中古住宅の買い方や仲介会社との付き合い方、媒介契約の手順などはまだ少し不勉強だったようです。

アキ子さんは、これまでの事前準備によって、自分らしい暮らしに必要なものが明確になっています。また、これ以上は無理しちゃダメという予算枠もわかっています。新築マンションにこだわっていたアキ子さんですが、自分の希望条件と予算のバランスをはかり、中古マンションにターゲットを切替えたのです。アキ子さんの自分らしさが存分に発揮されている印象です。

新築マンションにこだわり続けていれば希望条件と予算のマッチングは無理だったかもしれません。中古マンションを選択肢に加えたことで、アキ子さんは自分予算の範囲で、ちょっぴり土地勘があって散歩したくなる街に、コンパクトだけれども廊下部分が少なく、面積以上に広く感じられる、ゆったりくつろげるリビングを手に入れることができたのです。

アキ子さんの夢の実現ストーリー

・失恋によって、見失っていた「自分らしさ」に気付く
・脱賃貸。生活が楽しくなる、散歩したくなる街に住みたかったことを思い出す。
・楽しみながらモデルルーム見学と現地見学を行う。
・希望条件と予算のアンマッチという課題を中古マンションという選択で解決。
・無理のない返済計画で希望条件を満たした住空間を手に入れる。
・さらに自分らしい暮らしを新居でスタート!

あなたも是非、自分が本当にやりたいことや望むライフスタイルを考えてみてください。万が一、自分らしい行動を止めているものがあるならば、その正体を明らかにする必要もあります。アキ子さんの場合は、失恋という単なる出来事が自己否定に繋がってしまっていました。そして、自分らしいライフスタイルのために必要な住空間を考えます。今の住まいで良ければ良し。違うならば、自分が変わるために住まいを変えてみることも一つの方法です。あなたも是非、夢の実現ストーリーを描いてください。主役はあなたです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。