LED=発光ダイオードは環境にやさしい照明として注目を集めていますね。イルミネーションや店舗などの商業空間ではすでによく見かけるようになっていますし、インテリアアイテムとしても、スタンドをはじめいろいろな照明器具に使われ始めています。今回はこのLEDをインテリアに使うにあたってのポイントや照明テクニックをご紹介していきましょう。

LEDって何?

LED照明
LED自体が発光するため視認性が高く、その上取替える手間も少ないので信号機にも使われているLED!
注目を集めてるLEDですが、白熱ランプや蛍光ランプとどんな違いがあるのでしょうか。まずは、セレクトする上で知っておきたい特徴を挙げてみましょう。

【長寿命】
蛍光灯や白熱灯に比べると圧倒的に長寿命。照明器具としての寿命は40,000時間にもなります。(白熱ランプ60W およそ1000時間   蛍光ランプ40W直菅 およそ12000時間) LEDは、それ自身が発光するので点灯しなくなるということはありませんが、まわりに使われている樹脂の劣化などにより明るさ感が低下してきます。

【コンパクト】
薄くて小さなLEDですから、今まで設置が難しかったような狭いスペースにも設置が可能な上、LEDを使って自由に光のデザインをすることができるようになりました。例えば、幾つかのLEDを並べてラインを作ったり、点のような明かりを表現したりと絵を描くように光を楽しむことができます。

【省エネ&省資源】
LED1個の消費電力は0.1W未満ととても省エネルギーです。器具自体も長寿命なので省資源にもつながり環境にやさしいランプといえます。

【熱線・紫外線が少ない】
LEDは他のランプに比べて発熱や紫外線が発生しないため、変色を嫌う絵画や熱がこもりやすい狭い場所でのライトアップといった場合にも適しています。

参考:松下電工カタログ EVERLEDS

主照明だとコスト高

メリットの多いLEDですが、一灯では照度がそれほど高くはありません。最近は、明るさ感をアップさせた高出力LEDと呼ばれるものもありますが、部屋全体の明るさを得るためにすべてをLEDで照明するとなると、数多くのLEDランプが必要になりコストも高くなってきます。
ですから今の時点では、従来の白熱ランプや蛍光ランプと併用して、LEDはその特徴を活かして上手にインテリアに取り入れていくと良いでしょう。

LED照明
現時点では、LEDだけで明るくしようとするとコスト高。LEDの特徴を考えながら上手に使い分けて、光を楽しむインテリアにしたいですね。
左:いつもは蛍光ランプの明かりで隅々まで光を。
右:内蔵のLEDに切り替えてムードを楽しむ空間に。(画像:松下電工)

それでは、次ページで、LEDが得意とする照明を見ていきましょう!