地下で眠る


写真をクリックすると次の写真に進みます
地階
上/天井と壁面は桐の無垢材、床のフローリングはサクラ材、収納スペースの引戸はチーク材。下/白い壁は火山灰の左官仕上げ。


螺旋階段を降りると寝室です。ベッド2つで目一杯という小さな空間にもかかわらず、材質の異なる3種類もの木材が使われています。地下であることも相まって、ぐっと落ち着ける雰囲気です。さらに驚いたことに2畳ほどの収納まであるのです。狭さを克服するためには、まず収納を割愛するというのが定番ですが、ここは生活の利便性を優先しての選択なのでしょう。白い壁は吸湿性の高い火山灰を、クリーム状にして左官で仕上げています。ここは、まるごと自然素材で包まれた優しい寝室なのです。

◆建築家プロフィールと建築データ