チェコの魅力は素朴さ

赤い瓦の屋根の街並みが印象的なプラハ。中央のドームは聖ミクラーシュ教会

赤い瓦の屋根の街並みが印象的なプラハ。中央のドームは聖ミクラーシュ教会

チェコはヨーロッパのほぼ中央に位置し、ドイツ、オーストリア、ポーランド、それに スロヴァキアと国境を接しています。面積はほぼ北海道と同じで、人口は東京都と同じくらい。首都プラハがチェコの表玄関となっています。

チェコの魅力を一言で表せば、素朴さにあるのではないかと思います。人びとは朴訥とした印象で、プラハも少し郊外に足をのばせば豊かな自然が広がっています。プラハや南ボヘミア州にある世界遺産の町チェスキー・クルムロフのように世界中から多くの観光客が集まるスポットのほかに、あまり知られていない観光地だってたくさんあります。

日本からチェコへのアクセス

シェンゲン加盟国からの便が到着する第2ターミナル。加盟国以外からは第1ターミナルに到着します

シェンゲン加盟国からの便が到着する第2ターミナル。加盟国以外からは第1ターミナルに到着します

日本とチェコを結ぶ直行の定期便は残念ながらありません。エールフランス航空やルフトハンザ航空などを利用し、パリやフランクフルトなどでプラハ行きの飛行機に乗り換える必要があります。

大韓航空ではソウルとプラハを結ぶ直行便を運行中。ソウルで乗り換えればプラハへはダイレクトで結ばれているため、日本からの旅行にはなにかと便利です。プラハからの帰国便が夕方発なので、最終日を観光に当てられるメリットも。

ドイツやオーストリアなどの近隣国からは、プラハに向かう鉄道やバスの便もあります。到着するのは鉄道の場合はプラハ中央駅かプラハ・ホレショヴィッツェ駅、バスの場合はプラハのほぼ中心部に位置するフローレンスのバスターミナルなどです。

チェコ第二の都市ブルノや、人気の観光地チェスキー・クルムロフなどには、プラハから電車やバスで行きます。バスの方が早くて安いことが多いのですが、バスターミナルはプラハの街に点在しているため、場所がわかりにくいかもしれません。

チェコのビザについて

90日以内の滞在であれば、ビザは不要。