ひとつで二度おいしいチーズケーキ

所要時間:60分

カテゴリー:チーズケーキベイクドチーズケーキ

 

ワンボウルで作るしっとりコクのあるチーズケーキ

ワンボウルで簡単に作れるべイクドチーズケーキ。焼き立てはスフレのようなふんわりと軽い焼き上がり、冷蔵庫で保存した次の日からは、生地がぎゅっとしまった、コクのある濃厚なクリームチーズの味わいが楽しめます。ひとつで二度おいしいチーズケーキです。

チーズケーキの材料(直径18cm 円型 1台分

チーズケーキの材料
クリームチーズ 250g
無塩バター 30g
ビスケット 100g
グラニュー糖 80g
2個
生クリーム 200ml
薄力粉 50g
レモン汁 1/2個分
ストロベリーソースの作り方
いちご 150g
グラニュー糖 50g
レモン汁 1/2個分

チーズケーキの作り方・手順

チーズケーキの作り方

1:下準備をする

下準備をする
クリームチーズと卵は室温に戻しておきます。型に合わせて底と側面にクッキングペーパーを敷きます。オーブンは170℃に予熱しておきます。薄力粉はふるっておきます。

2:砕いたビスケットとバターを合わせる

砕いたビスケットとバターを合わせる
ビスケットを保存用ビニール袋に入れ、めん棒などで細かく砕きます。フードプロセッサーを使うと便利です。バターを600wの電子レンジに40秒かけてとかし、砕いたビスケットとよく混ぜます。用意しておいた型の底にスプーンを使って敷き詰め、冷蔵庫で冷やしておきます。

3:クリームチーズとグラニュー糖を混ぜる

クリームチーズとグラニュー糖を混ぜる
クリームチーズをゴムべらでクリーム状になるまでよく練ってから、グラニュー糖を加え、ざらざらが消えてなめらかな状態になるまでよく混ぜ合わせます。

4:卵、生クリーム、薄力粉、レモン汁を順に加える

卵、生クリーム、薄力粉、レモン汁を順に加える
ときほぐした卵を少しずつ加え、泡立て器で混ぜます。さらに生クリーム、ふるった薄力粉、レモン汁の順に加えたら、その都度、泡立て器でなめらかになるまでよく混ぜます。

5:型に流し入れて焼く

型に流し入れて焼く
生地を型に流し入れ、170℃のオーブンで45分焼きます。焼けたらオーブンから取り出し、型に入れたまま冷まします。完全に冷めたら型から外し、冷蔵庫で保存します。

ストロベリーソースの作り方

6:いちごとグラニュー糖を電子レンジにかける

いちごとグラニュー糖を電子レンジにかける
4つ割に切ったいちごとグラニュー糖、レモン汁を耐熱のボウルに入れ、600wの電子レンジで2分加熱して一度全体を混ぜ、さらに1分加熱します。ラップフィルムを表面に張り付けてあくを取ります。冷蔵庫で冷やしておき、いただく直前にチーズケーキにかけてサーブします。

ガイドのワンポイントアドバイス

軽い仕上がりがお好みの方は乳脂肪35%の生クリーム、よりしっとりがお好みの方は乳脂肪45%以上の生クリームを使ってみてください。ビスケットはダイジェスティブビスケットやグラハムクラッカーのようなざっくりしたビスケットがチーズケーキのベースに向いています。ミキサーをお持ちの方はビスケットとバターを除いたすべての材料をミキサーにかけると、あっという間にチーズケーキの生地が出来上がり。後は型に流し入れて焼くだけの究極の簡単レシピです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。