天然の木材には割れや反り、ねじれはつきものです。しかし出来るだけ反りが少なくねじれが少ないもの、割れのない材料を選んだ方が制作はしやすくなります。そこで木材の性質についてご紹介します。

板目と柾目

木取りの違いで名称が変わります。

木取りの違いで名称が変わります

木材は丸太からの取り方(木取り)によって、大きく2つに分かれます。図のように年輪に沿るように取ったものは板目(いため)と呼ばれ、弧を描くような木目になります。年輪に対して直角に取ったのものは柾目(まさめ)と呼ばれ、板目に比べて、直線的な木目になります。

柾目は反りや割れが少なく、直線的な木目になるので整然とした印象になります。丸太から切り出す枚数が限られるので一般的に板目よりも高価です。板目は柾目に比べて反りやすくなりますが、木材らしい木目が出やすいので表情を楽しむことができます。


木表と木裏

樹皮側を木表、中心側を木裏

樹皮側を木表、中心側を木裏

丸太の樹皮の側は木表(きおもて)、中心側は木裏(きうら)と呼ばれます。板目は乾燥や収縮で写真のように木表側に反っていきます。年輪の弧を描く方向と逆に反ると覚えるとわかりやすいでしょう。

また、年輪が見える面を木口(こぐち)、側面を木端(こば)と言います。木口面を見ると、板目か柾目かを判断しやすくなります。

たとえば、鴨居などは建具があたる面を木表にしたり、箱などの工作物は木裏を外側にするなど、木材が反っても対応できるよう考えて使われることが多いです。

木材の選び方

材料を手にとり、木口側から見て反りやねじれをチェックします。特に薄い板は大変反りやすいので、しっかりチェックしましょう。その他に大きな節(ふし)や抜けそうな節がないもの、ベタベタしているヤニの出ていない材料を選ぶようにしましょう。

材料を選ぶ時はぜひ木取りも考えてみてください。もし長い材料が反って湾曲していても、短く切ってしまえば影響が出ないこともありますし、大きな節や抜けた節がある箇所もアクセントに使って、面白いデザインに仕上がることもあります。

木材は木目、節でいろいろな表情を持っています。その表情に触れ合いながら、木材選びの段階から楽しんで下さい。




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。