あなたのサイトの中心となるのが、文章です。 しかし、文章を書いていく上で、気をつけなければいけないのが法律。たとえば楽曲の歌詞をサイトに掲載すれば著作権法違反になります。そんな法律の中から、今回、「薬事法」を取り上げます。サプリメントや栄養食品をアフィリエイトで紹介している方は必見です。


薬事法とは

薬事法とは医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具の品質、有効性と安全性の確保、 保健衛生の向上を図ること等を目的とした法律です。薬事関連の基本の法律と言っていいでしょう。

では、これがWEBサイトとどのような関係があるのか?これをご説明いたします。まず、医薬品や化粧品など、それぞれに「表示していい文章」に違いがあり、たとえば、アフィリエイトでも人気な「健康食品」は「あくまで食品」ですから、表示していい文章にはかなりの制約があります。それを知らずにサイトを作ってしまうと、薬事法に簡単に抵触してしまうのです。

なぜこんな制約があるのか?それは、「医薬品等と混同しないようにするため」です。

医薬品は病気の診断や治療や予防に使われ、医薬品を名乗るにはさまざまな許可が必要です。つまり医薬品はそれらの許可を勝ち取った安全性の高いものということですね。

医薬品に必要な許可を必要としない健康食品が、医薬品と混同されると大変なことになります。肩こりを直すために薬と思って接種していたものが、食品(健康食品)だったなんてシャレになりませんよね。

安全に、役立つサイトを運営していくためにも、この機会に一度確認をしてみてくださいね。

薬事法対策ホームページ研究室は必ず確認しておきましょう

 

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具以外のものはどのような制約を受けるの?

例えば、健康食品は「食品」であり、クスリではありません。クスリではないのですから、「効能」をうたってはいけません。効能というのは、「肩こりが治る」「頭痛に効果的」など、身体の改善ができる等の効果で、その効果を実証できた医薬品などに使われています。

健康食品の場合、どんなに効果を実感できたとしても、所詮食品。「たべもの」です。ですから、健康食品をアフィリエイト販売する際に「肩こりが治ります!」とか、「頭痛が緩和されます!」などと書いてはいけないということになります。

ただし「たべもの」の中に例外もあって、例えば「しらすぼし」の販売に「骨が強くなる」などは可です。理由は、「しらすぼし」は誰がどう見ても明らかに食品であり、これを「医薬品」という人もいなければ疑う人もいないからです。クスリと間違えて購入する心配もありませんから、薬事法の適用外となります。これを「明らか食品」といいます。ただし、有効成分を添加した食品は「明らか食品」にはなりませんので、薬事法を気にしなければなりません。