こんな式場にはご注意

photo
契約はお金がかかること。慎重に検討して間違いのない決断を。
式場サイドからすれば、ビジネスとして運営している以上、キャンセル料を定めて、請求するのは権利です。とはいえ、払いたくない!と思わざるを得ないような、理不尽なやり方をしている式場があるのも確かです。例えばこのような式場は、契約の際にくれぐれもご注意を。

●仮予約でお金が発生する
仮予約はあくまで「仮」なので、お金が発生することはありません。返金されない予約金がかかるのであれば、それは「正式」予約ということになります。

●即決断を迫られる
仮予約を設定するかどうかはその式場のやり方次第なので、システムがないなら、それは仕方がないのですが、「日時が埋まってしまうから、ここですぐ返事を!」と迫られた場合はご注意を。実際に予約しますと返事をし、予約金を支払えば、当然ながら規約に基づいてキャンセル料が発生します。

●規定を説明しない
キャンセル料などが発生する商品には、通常規約や規定と呼ばれるルールと、それを記した書面が存在します。通常、申し込みの際には、その規定をわかるように説明されるはずなのですが、「読んでおいて下さい」と渡すだけの所もあります。