結婚式に行ったら、まず通るのが受付です。ほんの一瞬しか立ち寄らない場所ですが、ウェディングの場に数多く立ち会った経験から言うと、ここをスマートに通れる人は、マナーをよく知っている人が多いように感じます。どんなにステキな格好をしていても、スマートな振る舞いができなければそれも台無し。最初の関門、受付をスマートにクリアしましょう。

ご祝儀は渡せる状態で持参すべし

ご祝儀
ご祝儀袋はちゃんと前もって正しく準備している?
皆さんは、ご祝儀はどんな風に持参していますか? 当日コンビニでご祝儀袋を買って、ATMでお金を下ろして入れたりしていませんよね? プランナーとして受付付近にいると、その場でご祝儀袋のビニールを開けながら、「筆ペン貸してください」というゲストが……こんなのは当然NG。

結婚式に持参するご祝儀のマナーについてカンタンに説明しておきましょう。まずお金は新券、いわゆる「ピン札」を用意します。ご祝儀袋は水引が「結び切り」という形のものを使用。蝶結びのものは「別れちゃえ」という意味になってしまうので、絶対ダメ! 「結婚式用」などと書かれているものを選べば間違いないですね。

持参者の名前は濃く太くしっかりと書きましょう。かすれた字では不祝儀(通夜や葬儀)用になってしまいます。筆がよいとされますが、現在なら太目のサインペンでも許容範囲でしょう。ボールペンは細い上に元来下書き用の筆記具なので、NGです。

受付で順番が回ってきたら、ご祝儀袋を相手側に向けて「おめでとうございます」などの挨拶をしながら出しましょう。

ご祝儀袋は結構大きいので、女性のパーティバッグにも、男性の胸ポケットにも入りませんよね。袱紗や小風呂敷で包んで持っていくと便利です。表面が汚れたり折れたりするのを防げます。受付では並んでいるうちに包みから出しておきましょう。

あなたは「溜まって」いませんか? 次ページに続きます