他と差をつけたいなら個性派ブーケ

crach
バラにグリーンの濃淡を織り混ぜたナチュラルなクラッチブーケ
■クラッチ
オアシス(吸水性スポンジ)を使わず、花の茎を束ねて作る、「花束」そのもののブーケ。花の自然な動きを生かして作るので、ナチュラルな印象になります。

ブーケの持つ印象から、ナチュラル、シンプルなドレスに似合います。花そのもののイメージを生かしたコーディネートを心掛けて。

arm
人気の高いカラーを使ったアームブーケ
■アーム
長い茎を束ねただけの細長いブーケ。マーメイドのドレスにはこれ、というくらい定番の組み合わせになっていますね。長さのあるブーケなので、スレンダーなドレスに似合います。

カラーの花を使ったものがよく知られていますが、茎が長くてまっすぐな花ならアームブーケにできます。ユリやバラなどでもチャレンジしてみて。

cressent
ユニークな形の蘭と葉をあしらったクレッセントブーケ
■クレッセント
三日月の弧を上に向けたような形のブーケ。ブーケの真下に空間があるので、スカートの中央に柄やモチーフがある場合は、それぞれを生かすことができる形です。ブーケ自体の横幅が広いため、ふわっとしたドレスよりも、シンプル、スレンダーなドレスの方がバランスが取りやすいでしょう。

左右非対称に作ることも多く、スタイリッシュで個性的な印象になりますが、実は持ち方が意外と難しい。写真撮影のためにも持ち方を研究してみてください。


いかがでしたか? ブーケは、使用する花によってもイメージは少しずつ変わりますが、ベースとなるのは形が持つ印象なんです。ブーケのイメージを最大限に活用して、ドレス姿をよりステキにしてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。