花嫁付添人って何?

ヒロインのジェーンが27回も務めたという花嫁付添人。これはブライズメイドと呼ばれ、花嫁の未婚の友人や従姉妹などが選ばれることが多いようです。基本的には花嫁から指名されるのですが、ブライズメイドに選ばれるのはとても名誉なこと、という感覚のようです。ブライズメイドは3~5名くらいが一般的で、ブライズメイドのリーダーはメイド・オブ・オナーと呼ばれます。

幸せになるための27のドレス
ジェーンのクロゼットの中には今まで着た27着のドレスが大切に保管されている
ブライスメイドは、挙式当日に花嫁の介添えをするほか、結婚式の準備を手伝ったりもします。挙式の時はみんなでお揃いのドレスを着るのですが、これが映画の原題『27 DRESS』の由来。ジェーンは27回もブライズメイドを務めたので、そのドレスが27着もあると言うわけです。

私が見たことがあるブライズメイドのドレスは、パステル調のピンクやブルーで、ふんわりとしたかわいらしいシルエットのものばかりでしたが、映画に出でくるドレスはかなりのインパクトがあります。インドのサリー、テキサスのカウガール風、キッチュなキモノガール風などなど。ブライズメイドのドレスというよりは、ここまでくるとほとんどコスプレという感じ。

結婚式のテーマに合わせて、ブライズメイドのドレスを決めているのでしょうけれども、アメリカのウェディングってここまで突飛?なテーマを設定するのかと呆れるくらい。でも、見ている分にはとても楽しいですけれど。

日本ではブライズメイドをつける結婚式はまだ少ないけれど、親しい友人たちにお願いできるのなら、やってみるのも楽しいかも。衣装に凝れば、いままでにないウェディングができるはず! ちなみに、新郎側にも同様の付添人が付き、アッシャーと呼ばれます。

ちょっと照れる?大げさなプロポーズ

幸せになるための27のドレス
ジェーンの憧れの上司ジョージ役は、監督としても才能を発揮するエドワード・バーンズ
プロポーズが「一世一代」のイベントであるのは洋の東西を問わないようですが、アメリカではかなり大げさ? 映画ではジェーンの憧れの上司ジョージが妹テスにプロポーズする場面が出てくるのですが、ジョージはレストランを貸し切って、ドラマチックなシチュエーション作りに余念がありません。

そこまでやられると、女性としては恥ずかしいやら、嬉しいやら…。テスは素直に喜びを表現していましたが、日本女性だとちょっと戸惑ってしまうかも。最近では、日本のホテルやレストランでも、男性のプロポーズを応援するプランを出すところが出てきました。日本でもそのうちドラマチックにプロポーズするのが主流となるかもしれませんね。

気になるアメリカの結婚式事情はまだまだ続きます!

(C) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX AND SPYGLASS ENTERTAINMENT FUNDING, LLC.