再婚結婚式の場合、ご祝儀はどうするか?

バツイチの結婚式はご祝儀辞退というのが望ましい場合も

バツイチの結婚式はご祝儀辞退というのが望ましい場合も


前ページの知人の例にもあったように、再婚者が結婚式をする場合、誰を招待するか、ご祝儀をどうするのかで、頭を悩ませる場合が多いようです。

結婚式に出席するとなれば、招待客はほぼ1日をそのために費やさなければなりませんし、ご祝儀も必要となります。女性であれば、衣裳代や美容院代がかかる場合も……。もちろん、初めての結婚式であれば、新郎新婦側がそうしたことをあまり気に病むことはないでしょうが、2回目となればそうはいきません。

再婚し、再び結婚式を挙げるのはカップル側の都合ですから、1回目の結婚式ですでにご祝儀をいただいてしまっているのにもかかわらず、今回また結婚式をして招待客の貴重な時間を奪い、さらにご祝儀をいただくのは気が引ける。……再婚者のなかにはこう考える人も少なくなく、そのため、再婚の結婚式に二の足を踏む場合もあるようです。


初婚時の出席者からのご祝儀は、辞退するのが無難

親しい方であれば、再婚することに関しては大いに喜んでくれるでしょうし、そのためにお祝いに駆けつけることも厭わないはず。もちろんご祝儀も……。ですが、その気持ちに甘えてしまうのは心苦しいというのであれば、初婚時の結婚式にも出席いただいた方にはご祝儀は辞退するという方向でご招待をするのが、無難ではないでしょうか。

なお、2回目の結婚式の場合、「前回招待した人はもう呼べないので……」という理由で、あまり親しくない人を招待するなどという人もいるようです。けれども、数合わせでの招待は、相手に対して非常に失礼なので、絶対に避けましょう。


■「結婚式」サイト内での関連記事&リンク集
なんて素敵な少人数ウエディング
海外挙式徹底研究(1)エリア編
海外挙式徹底研究(2)挙式編
海外挙式徹底研究(3)費用編
みんな一緒にグアム・ウエディング
フィジーでブラ★ウエディング
イマドキ海外挙式を助けるプラン
海外ウエディング

■オールアバウト内での関連サイト
離婚
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。